このページの本文へ

オリンパス、光学3倍ズーム搭載の『CAMEDIA C-1Zoom』を発売

2001年05月22日 19時13分更新

文● デジタルバイヤー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

オリンパス光学工業(株)は22日、光学3倍ズームレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラ『CAMEDIA C-1Zoom』を6月中旬に発売すると発表した。価格は4万9800円。

『CAMEDIA C-1Zoom』(正面)
『CAMEDIA C-1Zoom』の本体は現行機種の『CAMEDIA C-1』に類似のフォルムだが、レンズは沈胴タイプになりフラッシュもポップアップ式に変更された

『CAMEDIA C-1Zoom』は、現行の単焦点デジタルカメラ『CAMEDIA C-1』 の姉妹機にあたる。131万画素(有効125万)の1/3.2インチCCDと、焦点距離5~15mm(35mmフィルムカメラ換算38~114mm相当)の光学3倍ズームレンズを搭載する。レンズはオリンパスレンズ7群8枚(非球面レンズ2枚)で、F値はワイド端で2.4(5/4.3/9)。マクロモードでは0.2~0.5mの撮影が可能で、通常モードの最短距離は0.5m。デジタルズームは2倍。

記録メディアはスマートメディア(8MB付属)で、インターフェースはUSB1.1およびビデオ出力(NTSC)。記録画素数は1280×960ドットおよび640×480ドット。記録方式はDCF準拠のJPEG。1.5インチ液晶ディスプレーのほか光学ファインダーを装備。電源は、単3×2本(アルカリ乾電池/ニッケル水素充電池/ニカド充電池)もしくはリチウム電池パック『LB-01(CR-V3)』×1。

『CAMEDIA C-1Zoom』(背面)
基本デザインだけでなく、操作性もC-1とほぼ共通。ズームボタンは上面のシャッターボタンの横に配置されている

本体サイズは幅112×奥行き35×高さ62mm、重量は185g。C-1と同様に、外装に貼り付けるカラフルなシールがオプション(1200円)として用意される。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン