このページの本文へ

Adobe Photoshop Pentium 4プロセッサプラグイン

Adobe Photoshop Pentium 4プロセッサプラグイン

2001年05月21日 15時57分更新

文● 佐久間

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アドビシステムズ(株)は、画像編集ソフト「Adobe Photoshop 6.0」「Adobe Photoshop Elements」をPentium 4プロセッサ搭載マシン向けに最適化するプラグインを開発、5月下旬より同社Webサイトで無償提供すると発表した。

Adobe Photoshop Elements
5月18日に発売された「Adobe Photoshop Elements」。今回のプラグインを使えば、Adobe Photoshop 6.0だけでなく、ElementsのユーザーでもPentium 4の実力が発揮できるようになる。

 アドビシステムズは、従来からAdobe Photoshop 5.xをPentiumIIIの独自命令(SSE&MMX)に対応して最適化するプラグインなどを開発、公開している。今回のPentium 4プロセッサプラグインはPentium 4の独自命令(SSE2)をサポートすることで高速化を図ったものとみられ、Pentium 4マシンで使用しているAdobe Photoshop 6.0&Elementsに追加インストールすることで、最大70%の高速化が図れるという。とくに効果の高いフィルタやプラグインについては、現在同社に確認中。
 また、実際にプラグインが入手可能になった時点で、編集部でも効果を確認し報告する予定だ。

 なお、Adobe Photoshop Elementsの製品版は5月18日より店頭発売が開始されているが、Photoshop LE&PhotoDeluxeユーザー向けのアップグレード版は当初の予定より遅れて、6月上旬の発売になった。



Adobe Photoshop 6.0
こちらはAdobe Photoshop 6.0のボックスショット。エキゾチックな“目”が印象的なデザインだ。

アドビシステムズ(株)ダウンロードサイト
問い合わせ先 アドビ カスタマーインフォメーションセンター 03-5350-0407

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン