このページの本文へ

PC166(CL=2)、CL=3ならPC183までOKらしいメモリ登場、ただしショップ保証はPC133(CL=2)まで

2001年05月18日 23時07分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
PC166CL3

 時たまアキバに出現するPC133オーバーの高クロック対応SDRAM。DDR SDRAMやDRDRAMの普及で高速メモリとしては影が薄くなったものの、オーバークロックに挑戦する際には心強い味方となるのは変わらない。
 そして、バルクでなくボックス入りでありながら、そのボックスに堂々と「PC166」と記し、メーカーとしてPC166(CL=2)動作をうたったメモリが登場した。



モジュール

 モノは、チップ・基板ともにTONICOMという台湾メーカーのもの。ショップの話によると、CL=3に落とせばPC183まで行ける……らしいが、ショップとしての保証はPC133(CL=2)までとのこと。
 モジュールを見ると、メモリチップが以前出回ったApacer製のようなBGA型のコンパクトなものとなっており、高耐性の秘訣はこのチップにありそうだ。



2段のメモリチップ

 価格は、256MBがコムサテライト1号店で1万5380円、同3号店で1万5500円、OVERTOPで1万4780円。128MBがコムサテライト3号で7500円、OVERTOPで7680円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ