このページの本文へ

カノープスから「DVStorm-RT」専用のドータカード式ハードウェアMPEG2エンコーダ登場

2001年05月18日 23時50分更新

文● 小板

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 カノープスからドータカード方式のハードウェアMPEG2エンコーダ「StormEncoder」が登場し、アキバのショップで販売が開始された。



 このドータカードは、リアルタイム/ノンリニア編集システムの「DVStorm-RT」にある接続コネクタに装着することでMPEG2変換を可能にするもの。専用編集ソフトの「SmartEdit」上のタイムライン上で指定した範囲のみの変換もできるという。エンコードチップには同社のプロ向けMPEG2リアルタイムエンコーダ/デコーダカード「MVR-D2000」に搭載されている松下製「MN85560」を搭載している。
 ドータカード形式によるハードウェアMPEG2エンコーダは、上位機種であるDVRexでも用意されているもの。同社では、今回の製品をDVStormの開発当初から計画していたという。
 販売価格はT-ZONE.PC DIY SHOPで2万6800円、USER'S SIDE本店で2万3800円となっている。  



StormEncoderのスペック

プロファイル, レベル MP@ML, MP@LL, SP@ML
ビデオ画素数 Standard:720x480(NTSC), 720x576(PAL)
Half:352x480(NTSC), 352x576(PAL)
SIF:352x240(NTSC), 352x288(PAL)
ビデオビットレート MPEG2 Standard:4M~15Mビット/秒
MPEG2 Half: D1/SIF 2M~8Mビット/秒
MPEG1:1M~1.8Mビット/秒
VideoCD
VBRおよびCBRをサポート
オーディオサンプリング周波数 32kHz, 44.1kHz, 48kHz
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ