このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

WINDyブランドのアルミケース「MT-PRO1100」に電源“超”強化版が登場

2001年05月18日 21時18分更新

文● 小磯

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
MT-PRO1100 Plus

 つくりのよいフルアルミケースとして評価の高い星野金属工業製“MT-PRO 1100”シリーズに新型「MT-PRO1100 Plus」が加わった。「MT-PRO1100」をベースに、電源部を強化しつつ販売価格を据え追いたケースだ。



Varius 335P4

 その電源は同社製「Varius 335P4」。これは、製品名こそMT-PRO1100が搭載している「Varius 335」と似ているが、単にATX2.03準拠のPentium 4対応になったわけではない。Varius 335P4では、+5V+3.3Vの最大合計出力をVarius 335の175Wから226Wに強化したほか、入力電圧自動切り替え機能や高周波ノイズフィルタや、内部温度の変更に合わせて回転数可変な排気ファンなどを採用。スペックを見る限りでは、まったく違う製品と言っても差し支えないほどの進化を遂げている。



WINDy 80

 ケース自体はほぼ従来どおり。側面に同社製の8cm角ケースファン「WINDy 80」を新たに搭載した点や、HDD用のLEDを4つ装備した(従来は1つ)以外に、目立った変更は見受けられない。5インチ×4、3.5インチ×2、シャドウ×6というベイ数もこれまでどおり。195(W)×480(D)×455(H)という本体サイズや、ケース前面にUSBポートを2つ引き出せる仕様にも変化はない。



側面
ケース内部は従来製品とほとんど同じ
カラーバリエーション

 ちなみに、カラーはこれまでのアイボリーホワイト(typeW)/ブラック(typeB)/3コートパールホワイトマイカ(typePM)に加え、シルバー(typeS)も加わった。アルミケースとして1番人気を誇るシルバーが加わったことにより、新たな需要が見込めるかもしれない。
 価格は以下のとおり。このほかOVERTOPではVarius 335P4単品の販売を1万4800円で開始している。



Varius 335P4単品販売
単品販売もされているVarius 335P4

18日現在の価格情報

価格ショップ
MT-PRO1100 Plus typeW
\37,800OVERTOP
MT-PRO1100 Plus typeB
\39,800OVERTOP
TSUKUMO eX.
MT-PRO1100 Plus typeS
\39,800OVERTOP
TSUKUMO eX.
MT-PRO1100 Plus typePM
\58,800TSUKUMO eX.

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ