このページの本文へ

メルコ、USB2.0/1.1対応の外付け型HDDとCD-R/RWドライブを発表

2001年05月18日 20時07分更新

文● 編集部 今井睦俊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)メルコは17日、パソコン周辺機器の“BUFFALOブランド”の新シリーズとして、2種類のインターフェースを搭載した製品群“Hybrid D3(ハイブリッドディースリー)シリーズ”を発表した。同シリーズの第1弾の製品として、USB2.0とUSB1.1に対応したPCIバス用インターフェースカード1モデル、HDD2モデル、CD-R/RWドライブ1モデルの販売を、5月下旬に開始する。併せて、無線LAN用の無指向性アンテナ『WLE-NDR』と、10BASE-T/100BASE-TXのCardBus用LANカード『LPC4-TX-CB』を発表、6月上旬に販売を開始する。

Hybrid D3は、ストレージシリーズ“D3”に、USB2.0とUSB1.1、IEEE1394とUSB1.1、SCSIとUSB1.1といった2種類のインターフェース機能を追加した製品群。2種類のインターフェースに対応するため、周辺機器接続用のインターフェースが違った2台のパソコンで、ストレージ製品を共用できるという。今回、同シリーズから発表されたのは、USB2.0/USB1.1対応のパソコン周辺機器で、PCIバス用インターフェースカード『IFC-USB2P』、40G/60GBの外付け型HDD『DUB2-GT40G』/『同60G』、外付け型CD-R/RWドライブ『CRWU2-B1610』の3製品。いずれの製品も、認証機器同士の相互接続を保証する“USB2.0(Hi-SPEED USB)”のロゴを取得した。

『IFC-USB2P』
『IFC-USB2P』

IFC-USB2Pは、USB規格Revision 2.0のHi-Speed(USB 2.0)と、Full-Speed/Low-Speed(USB1.1)に対応したPCIバス用のUSBインターフェース。外部ポート×2/内部ポート×1の3ポートを装備し、USB2.0で最大480Mbpsのデータ転送が可能という。また、USB1.1で2台の機器から2ポートに同時接続しても、パフォーマンス(最大12Mbps)が低下しないとしている。Windows 98/Me/2000対応のUSB1.1用ドライバが付属する。価格は8500円。なお、USB2.0で接続するためには、周辺機器とOSの対応が必要という(現時点では未対応)。

『DUB2-GT60G』
『DUB2-GT60G』

DUB2-GT40G/60Gは、USB2.0/1.1規格に準拠した40G/60GBの外付け型HDD。パソコンに連動して電源の入/切を自動で行なう“PC連動AUTO電源機能”を搭載。縦置き用スタンドと横置き用ゴム足、筐体に取り付ける2色の装飾用パーツが付属する。データ転送速度は最大480Mbps(USB2.0接続時)で、シーク時間は最大11ミリ秒。本体サイズは幅44×奥行き216×高さ122mmで、本体重量は1kg。現時点ではUSB1.1のみの対応で、対応OSはWindowsMe/2000/98、Mac OS 8.6/9.0.4/9.1。Mac OS 8.5~8.5.1/9.0~9.0.3の場合は、Mac OS 8.6/9.0.4/9.1へのアップデートが必要になる。価格は、同40Gが2万8000円、同60Gが3万3800円。

『CRWU2-B1610』
『CRWU2-B1610』

CRWU2-B1610は、バッファアンダーランエラー防止の“BURN-Proof機能”を搭載したUSB2.0/1.1対応のCD-R/RWドライブ。読み書きの速度は、USB2.0接続でCD-RW書換えが最大10倍、CD-R書込みが最大16倍、CD-ROM読込みが最大40倍。USB1.1接続でも、CD-RW書換え/CD-R書込み/CD-ROM読込みが最大8倍である。USB Hub経由でも使用可能で、80分(700MB)メディアにも対応。現時点ではUSB1.1のみの対応で、対応OSはWindowsMe/2000/98、Mac OS8.6/9.0/9.0.4。本体サイズは幅160×奥行き274×高さ65mmで、本体重量は約1.8kg。価格は3万3800円。

『WLE-NDR』『WLE-NDR』

WLE-NDRは、11Mbpsの無線LAN機器に接続する屋内用無指向性アンテナ。同社製品を接続することで、無線LAN機器は通信距離を1.2倍以上(単体使用)に向上できるという。スリーブアンテナを採用し、受信領域は水平360度。垂直方向の受信にも対応し、2階住宅の1階と2階の通信も可能としている。受信調整用にアンテナ部が可動であり、壁面への設置にも対応。本体サイズは幅65×奥行き73×高さ164mmで、専用コネクターを装備する。周波数範囲は2412~2484MHzで、最大入力電力は1W。対応機器は、同社製の『AirStationシリーズ』、『AirP's』、無線LANカード(WLI-PCM-L11,WLI-PCM-L11G)。価格は8800円。

『LPC4-TX-CB』『LPC4-TX-CB』
『ET-MCX4-CB』
『ET-MCX4-CB』

LPC4-TX-CBは、CardBusに対応したPCカード型のLANアダプター。10BASE-T/100BASE-Tに準拠し、Full-Duplex(全二重)に対応。リンク時/通信時/100M通信時に点灯する3個のLEDを装備する。対応OSは、Windows 95/98/Me/2000。価格は5500円。メディアカプラーを標準添付するほか、交換用の専用メディアカプラー『ET-MCX4-CB』をオプション(価格は1980円)で用意する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン