このページの本文へ

ダブルクリック、アットホームジャパンに広告配信技術を提供

2001年05月16日 20時18分更新

文● 編集部 伊藤咲子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ダブルクリック(株)は16日、アットホームジャパン(株)のケーブルTV網を利用したインターネットアクセスサービス“@NetHome”が、同社の広告配信・管理技術“DART(Dynamic Advertising Reporting & Targeting)”を採用したと発表した。“DART”は、ダブルクリックが運営するサーバーを通じ、広告管理/配信/レポーティングの機能を、他社に提供するアウトソースサービス。

アットホームジャパンの“@NetHome”は、現在15万人以上の会員を抱えている。“@NetHome”のオリジナルコンテンツに対する動画広告の配信事業を6月中旬に本格スタートする予定で、今回採用された“DART”は、その配信・管理技術の第1号となるという。

“@NetHome”会員向けコンテンツの画面例
“@NetHome”会員向けコンテンツの画面例。6月からは、有料コンテンツの配信が始まる。カラオケに振り付けのレクチャーが付いたカラオケサービスや、教科書準拠で構成された『中学英語』など。サービス料は、月々300~1000円の予定

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン