このページの本文へ

【続報】シャープ、“キーボード付きザウルス”の低価格普及モデルを発表

2001年05月15日 22時19分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

シャープ(株)は15日、キーボード付きザウルス『MI-E1』からフロントライトなど一部機能を省略した低価格普及モデル『MI-L1』を発表、21日に発売する。MI-E1は引き続き併売される。

カラーリングがメタリックシルバーからマットブラック(つや消し黒)に変更されたほか、十字ボタンの中央に決定ボタンを追加するなど、ボタン形状も一部変更されている。

クレードルにセットした『MI-L1』クレードルにセットした『MI-L1』
同時発売のクレードル『CE-ST5』
同時発売のクレードル『CE-ST5』は、写真ではやや分かりにくいがダークグレーのトランスルーセント。電源とPC接続ケーブルをクレードルにつなぎ、本体側のオプションポート16と接続することで、データ通信と充電が同時に行なえる

『MI-L1』は、MI-E1と同じ240×320ドット/6万色表示の3.5インチ反射型TFT液晶パネルを採用、上部にTypeIIのCFカードスロット、左側面にSDカードスロットを装備するなど、基本的なスペックはMI-E1と変わっていないが、大きな違いとしては

  • 暗い場所などで画面を見やすくするためのフロントライト機能
  • MPEG-4形式の動画ファイル、およびMP3形式のサウンドファイルの再生機能

の2つが省略されたことが挙げられる。フロントライトの部品が省略された分、重量は15gほど軽くなっている(185g/液晶保護カバーなし、205g/カバー付き)。実際に発表会場で製品を手にしてみたところ、15gという差以上に軽く感じられる。開発者によると「200gを切るかどうかで、手にしたときの感覚が大きく違う。また材質は同じだがメタリックシルバーとマットブラックの色の違いも印象を変えているのだろう」ということだ。また、音声出力端子を省略するなどハード的にも変更されたため、ソフトを追加するなどしてもMI-L1ではMP3やMPEG-4の再生はできない。ちなみに、MI-E1の“E”はEntertainment(MP3やMPEG4再生機能)を示していたが、MI-L1の“L”はLight(軽量)を表わすという。

MOREソフトも追加されているので製品版とは若干異なるが、MI-L1の基本画面MOREソフトも追加されているので製品版とは若干異なるが、MI-L1の基本画面。MI-E1で『インクワープロ』のあった部分に『メモ帳』が新たに加わった(インクワープロも残っている)。また、よく見ると、左上の文字列が“ENTERTAINMENT & COMMUNICATION”から“ORGANIZER & COMMUNICATION”に変更されている

標準で内蔵するソフトも一部変更されている。Outlookと連携可能な『メモ帳』が標準搭載になり、『Webブラウザ』は従来の横表示から縦横表示切替可能になった。

縦表示も可能になったウェブブラウザー
縦表示も可能になったウェブブラウザー。縦横の切り換えは右上のアイコンで行なう。ただし、横画面なら580ドット相当(画像データを自動縮小)の表示が可能だが、縦画面では470ドット相当となり、全体を見渡すには横スクロールが必須となる

細かい部分では、ボタンやキーボードにも変更が加えられている。これはユーザーの声を反映してより使いやすくしたもので、十字ボタンとその左右に並ぶ電源(戻る)、決定ボタンを従来の横長のバータイプから丸く大きなボタンに変更。十字ボタンの中央にも決定ボタンを設けて、片手でも操作しやすくなっている。キーボードでは、従来は“/”や“.”の入力が、機能+“@”やShift(↑)+“,”といった具合に2つのキーの組み合わせだったが、1キーで入力できるようになった。代わりに“@”は機能+“-”(従来の@キーの位置)に、“,”はShift+“/”(従来の,キーの位置)にそれぞれ変更されている。

ボタン&キーボードのアップ
ボタン&キーボードのアップ。MI-E1では7つ並んでいたワンタッチボタンが大きくなって5つに減ったが、機能は変わらず(フロントライトのオン/オフのみ省略)。このボタンの凹みによりペンでも押せるようになった
ボタン&キーボードを横から見た
ボタン&キーボードを横から見た。キートップが平らになり、配列が少し変わったが、タッチタイプの際のガイドとなる“F”“J”キーにポッチ(突起)はない

価格はオープンプライスで、予想実売価格は4万2000~3000円程度と見られる。同時に、MI-E1でも利用可能(MI-E1では本体のアップデートソフトが必要、5月下旬配布予定)な充電&PC接続に対応したクレードル『CE-ST5』がオプションで用意された。こちらの価格は5000円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン