このページの本文へ

文化オリエント、『True DBGrid Pro 7.0J』を発売

2001年05月15日 18時53分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

文化オリエント(株)は15日、Visual Basicに対応したデータグリッドコントロールアプリケーション『True DBGrid Pro 7.0J』を6月29日に発売すると発表した。価格は7万8000円。

True DBGrid Pro 7.0J
階層データのドリルダウン表示。画面は、“顧客情報”から“販売履歴”、“注文明細”と孫データの内容を呼び出したイメージ

『True DBGrid Pro 7.0J』は、データベースのフロントエンド機能としてバウンドモード/アンバウンドモード/拡張アンバウンドモード(※1)などを搭載しており、データコントロールとの通信回数を抑えながら、大量のデータを高速表示できるのが特徴。

前バージョンからの主な強化/改良点は、

  1. RDS(リモートデータサービス)に対応し、インターネット経由でデータベースへのアクセスが可能(コンテナにはInternet Explorerを利用可能)
  2. Oracleのデータベースとの接続を正式サポート(oo4oを使用したアンバウンド接続を推奨。バウンド接続は非サポート)
  3. アンバウンドを利用した専用イベントにより、画面とデータを効率よく更新可能
  4. 階層データのドリルダウン、行列の反転、単票形式など表現力の拡張

など。

対応OSは、Windows 95(SP1以上)/98/Me/NT 4.0(SP3以上)/2000。Visual Basic 5.0(SP3以上)またはVisual Basic 6.0(SP3以上)、Internet Explorer 4.01(SP1以上)も必須。

以前のバージョン、およびDBGrid(VB標準)で作成したプロジェクトは、付属の移行ツールで変換できる。

※1
バウンドモード:データコントロールと直接通信してデータを取得/更新するモード。小規模データベースの操作に向く。
アンバウンドモード:1イベントで行単位のデータを取得/更新するモード。
拡張アンバウンドモード:1イベントで複数行単位のデータを取得/更新するモード。数万件単位のレコードを持つデータベースとの接続に向く。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン