このページの本文へ

コダック、『Kodak mc3』を国内販売

2001年05月14日 12時40分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

コダック(株)は14日、デジタルカメラとデジタルビデオ、MP3プレーヤーを一体化したマルチメディア機器として、『Kodak mc3(コダック エム・シー・スリー)』を6月下旬に2000台限定で発売すると発表した。量販店のオンラインショップなどで販売する。同社のオンラインショップ“shop@kodak”での販売価格は2万9800円。

『Kodak mc3』『Kodak mc3』

『Kodak mc3』は、640×480ドット(有効画素数30.7万)のCMOSセンサー『KAC-0310 CMOSセンサー』を採用し、レンズは焦点距離が0.7mm(35mm換算で37mm相当)、F2.8の5枚構成。ISO感度は120相当。露出はプログラムAE(中央部重点測光)。撮影距離は70cm~無限遠。バックライトなしの反射式カラー液晶ディスプレーを搭載する(表示は日本語ほか5ヵ国語に対応)。

記録媒体にはコンパクトフラッシュ(Type I)を採用。記録方式は、静止画がJPEG/EXIF 2.1で、動画はQuickTime、音楽はMP3。静止画の撮影は640×480ドット(VGA)で約300枚、動画の録画は320×240ドット(1/4VGA)の毎秒20フレームの場合で2分間(高画質モード)、音楽の再生は40分間行なえるという。ビデオ出力はNTSCとPALに対応。パソコンとの接続は、付属のUSBケーブルかオプションの『PC接続ドック』を利用して行なう。電源は単4乾電池×3本(アルカリ乾電池/ニッケル水素蓄電池)。本体サイズは幅65×奥行き35×高さ105mmで、重量は約170g(バッテリー含む)。

米Arc Soft社製の映像編集・アルバム作成ソフト『ビデオ インプレッションズ』やMP3再生ソフトの『Real Jukebox』、ヘッドホン、32MBのCFカードなどが付属する。対応OSは、Windows 98/98 SE/Me/2000、Mac OS 8.6以降。オプションとして『mc3専用バッグ』(2400円)、『mc3専用オーディオ/ビデオケーブル』(1900円)、『mc3専用PC接続ドック』(2400円)などが用意される。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン