このページの本文へ

NEC、大容量ストリーミングコンテンツ配信用ソフトなどを発売

2001年05月10日 20時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本電気(株)は9日、動画や音楽、ライブ映像など大容量のストリーミングコンテンツを配信するソフトウェア『StreamPro(ストリームプロ)』を発売すると発表した。

コンテンツの配信を行なう『StreamPro/StreamingServer』とコンテンツ流通の管理を行なう『StreamPro/ManagementSystem』、コンサルティングなどの各種ソリューションを提供する“StreamPro/プロフェッショナルサービス”で構成される。『StreamPro/StreamingServer』は、動画コンテンツをネットワーク上で途切れなく提供するためのストリーミングデータの配信、データの再生などの機能を提供するソフトウェア。電話回線やISDNなどから、xDSLや光ファイバーなどに対応している。価格は32万9000円から。『StreamPro/ManagementSystem』は、『StreamPro/StreamingServer』と連携するソフトウェアで、コンテンツに対する利用権限や提供可否、不正アクセスを防止するためのアクセス管理やユーザー管理機能を提供するもの。管理に際しては、MPEG-1/-2、Windows Media Technologies(WMT形式)、RealVideoとそれぞれの形式をサポートし、統一のビューで管理できるようになっている。価格は500万円から。“StreamPro/プロフェッショナルサービス”は、StreamProを利用したコンテンツ配信サービスを行なうためのコンサルティングサービスやコンテンツ作成代行サービスなどを行なう。価格は個別見積り。それぞれの製品は、6月30日から順次出荷を開始する予定。なお、同社では、今後1年間で1000システムの販売を見込んでいるという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン