このページの本文へ

イー・ショッピング・ブックス、ネット書店を体験できるサービスを開始

2001年05月10日 19時57分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

イー・ショッピング・ブックス(株)は10日、ユーザー自身がインターネット上に書店を開き、ネット書店経営を仮想体験できるサービス“みんなの書店”を開始したと発表した。

“みんなの書店”のページ
“みんなの書店”

同サービスは、ユーザーがインターネット書店の品揃えから、店構え、店内レイアウトまでを決定し、インターネット上での書店経営を仮想体験できるもの。ユーザーは同社のサイト内の“みんなの書店”コーナーにて、会員登録をし、好きな作家や好きなジャンル、自分の読書歴など自己紹介カードとして登録し、同社の書籍データベースから書店に並べる本を決定していく。仮想書店となるページのレイアウトや店構えなどもユーザーが決定する。出店後は、受注速報や来店者速報などで自分の出展した書店の人気度をチェックすることができ、人気が高かった場合はインセンティブとして、QUOカードや商品券などがもらえるという。また、同コーナーには、個人ユーザーが出店する“読者”コーナーのほか、出版社による“出版社”コーナー、一般企業による“企業”コーナーも設けている。

サービスの開始は、読者のコーナーが10日から、出版社、企業のコーナーは6月初旬を予定。同社では、みんなの書店を誰もが持っている感銘を受けた本、好きな本を通じて人と人とのつながりや新たな本との出会いが目的としている。なお、今年度は、読者コーナー10万人、出版社コーナー1000社、企業コーナー1000社の参加を見込んでいるという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン