このページの本文へ

「Mozilla 0.9」公開

2001年05月10日 06時29分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

mozilla.orgは5月7日、「Mozilla 0.9」を公開した。リリースノートによると、このバージョンでは、以下の点が改良、追加されたという。

  • プロキシ設定の自動化ツール
  • “Personal Security Manager”の改善
  • “MailNews”のフロントエンドの改善
  • ブラウザとメールの性能向上のために改善されたキャッシュと“viewmanager”
  • Javaの遅延読み込みにより、起動時のパフォーマンスが向上
  • Help Viewerを新しく作成
  • Image rendering libraryを性能向上のために新設計

ほかに、「Preferences」ダイアログボックスでSSL関連の設定が可能になっているなど、細かい点で改良がなされている。

Mozilla 0.9。
新しく設けられたHelp Viewer。
右がMozilla0.9、左がMozilla0.8。Mozilla0.9では、Historyが日付けごとのディレクトリに格納されている。また、サイドバーのタブ内の文字表示も改善された。
新たにSSL関連の設定が可能になった。

今回発表されたのは、Windows版、Macintosh版、Linux版であるが、そのうちLinux版の動作条件は以下の通り。

  • 動作ディストリビューション……Red Hat Linux 6.x以降、Debian/GNU Linux 2.1以降、SuSE Linux 6.2以降など(glibc2.1以降、libjpeg.so.62以降が必要)
  • CPU……Pentium(互換)-233MHz以上
  • メモリ……64MB以上
  • ハードディスクの空き容量……26MB以上

カテゴリートップへ

ピックアップ