このページの本文へ

マイクロソフト、次期Windows CE『Talisker 日本語版』を年末にリリース

2001年05月08日 17時03分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マイクロソフト(株)は8日、組み込み用プラットフォームに関する開発者向けコンファレンス“Microsoft Windows Embedded Developers Conference 2001 Tokyo”を都内ホテルで開催、基調講演を行なった米マイクロソフト社CEOのスティーブ・バルマー氏は、Microsoft Windows CEの次期バージョンである『Talisker』(タリスカー:開発コードネーム)の日本語版を2001年後半に出荷すると発表した。また同社が、Talisker 日本語版 β1を、一部の国内OEMパートナーに提供したことも明らかとなった。

バルマー氏
米マイクロソフトCEOのスティーブ・バルマー氏による基調講演

Taliskerは、次世代組み込みデバイス向けのリアルタイムOS。β1は、ワイヤレスやネットワーク接続機能として、UPnP(Universal Plug and Play)やBluetooth、IEEE 802.11、USBなどをサポートする。マルチメディア機能ではDVDに対応、さらにセキュリティー機能としてSSLやKerberos(ネットワーク上での利用を選定としたユーザー認証方式)を採用している。そのほか、インストール可能な割り込みサービスルーチン(ISR)、ボードサポートパッケージ(BSP)などを提供、ユーザーインターフェースはカスタマイズ可能となっている。同社は、Talisker β1を、日本を含むワールドワイドのテスト参加企業約300社に配布したという。

バルマー氏は、「今後はオープンでスタンダードなXMLを利用し、デバイスの中にMicrosoft .NETテクノロジーを組み込むことになるだろう。われわれは、Windows Embedded環境を提供し、ユーザー同士のデバイス間でのコミュニケーションをサポートする」

「マイクロソフトはPC以外のデバイスにコミットしているか? 答えは絶対に“YES”だ。Pocket PCは人気を博しているし、次世代スマートフォン向けWindows CE『Stinger』や自動車用フレームワーク『Car.NET』なども提供する。XboxもWindows 2000 Embeddedテクノロジーをベースとしている。次世代STBもWindows CEベースだ。われわれはパートナー企業と協力して組み込み環境を構築する。これにより大きな世界が展開するだろう」

同氏は、組み込み用途向け製品として、プラットフォームのTaliskerやWindows XP Embedded、デバイス製品のStingerやXbox、そして.NETツールの.NET Framework、.NET Compact Framework、Visual Studio.NETを2001年にリリースするとしている。「Windows XP Embeddedは、Windows XP出荷から90日後に提供する。Windows EmbeddedテクノロジーはこれまでコアOSリリース後に発表していたが、今回は同時期にリリースする」

「Taliskerは年末にリリースする。コンポーネント化が進み、.NETテクノロジーによる認証機能、通知機能を搭載しており、SOAPにも対応している。これにより.NETの世界と統合できるスマートデバイスを構築可能だ」と説明した。

さらに同氏は、昨日発表されたアプライアンスサーバー開発ツール『Microsoft Server Appliance Kit 2.0』についても紹介した。同氏は、「これはWindows 2000を利用してアプライアンスサーバーを構築できる画期的なツール。重要なパートナーのサポートもすでにいただいている。Linuxとの競合もあるが、テクノロジーや使い勝手の視点から、われわれはもっとも生産性の高い環境を提供する。また、われわれは他の企業と協力して事業を展開する」としている。

バルマー氏とサーバー
バルマー氏の背後に並ぶのは、パートナー各社のアプライアンスサーバー『Windows Powered Server Appliance』

また同社は、現在海外で展開している“Microsoft Windows CE 3.0 イノベーション アライアンス プログラム”を国内パートナー企業向けにも拡張する予定という。同プログラムを利用することで、開発者は多くのソースコードにアクセス可能となる。さらに、Windows CE 3.0用の新BSP18個も発表、このBSPは同社ウェブサイトから無償ダウンロード可能となっている。

そのほか同社は、Windows CE 3.0 Platform Builderの使用法に関するハンズオントレーニング“Windows CE 3.0 トレーニングプログラム”を日本でも2001年第3四半期より実施するという。同トレーニングは同社認定教育専門会社によって運営される。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン