このページの本文へ

ミラクル・リナックス、統合ビジネスサーバー用Linux OSを出荷

2001年05月08日 16時01分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ミラクル・リナックス(株)は8日、統合ビジネスサーバーOS『Miracle Linux Standard Edition Version 1.1』の出荷を25日に開始すると発表した。価格は5万円。

『Miracle Linux Standard Edition V1.1』は、Oracle8iに最適化されたサーバー用Linux OS『同 V1.0』を基盤に、大規模システム向けの機能、小規模向けの『Miracle Linux for PostgreSQL Version 1.0』の機能、Windows用のファイル/プリントサーバーとして運用できる『Samba』に特化した『Miracle Linux for Samba Version 1.0』の機能を統合した製品。ミッションクリティカルなシステムでの使用を可能とするため、Kernel 2.4/2.2.19のジャーナリング機能やLogical Volume Manager(論理ボリュームマネージャー)をサポートし、クラスター環境などで複数のプロセッサーやマシンに処理を分散できるOracle Paralell ServerオプションなどのOracle最新機能にも対応する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン