このページの本文へ

ロジテック、JustLink搭載20倍速CD-R/RWドライブユニットを発売

2001年05月01日 15時52分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ロジテック(株)は1日、“JustLink”機能を搭載した20倍速のCD-R/RWドライブユニット『LCW-R2010BAK』を発売したと発表した。価格は3万3000円。

『LCW-R2010BAK』
『LCW-R2010BAK』

『LCW-R2010BAK』は、CD-Rの書き込みが20倍速、CD-RWの書き換えが10倍速で、CD-ROMの読み込みが40倍速のパソコン内蔵型CD-R/RWドライブユニット。(株)リコー製のドライブユニットを採用し、バッファーアンダーランを抑える“JustLink”機能と、高速書き込み時にメディアの個体差に合わせて書き込み速度を12~20倍で変化させエラーを低減する“JustSpeed”を搭載する。インターフェースはATAPI(Ultra ATA/33)。

本体サイズは幅149×奥行き197×高さ42.8mmで、重量は1.2kg。消費電力は12W。対応機種は、PC/AT互換機とNEC PC98-NXシリーズ。対応OSは、Windows Me/98/95/2000/NT 4.0(SP4以降)。ソフトウェアとして、(株)アプリックスのライティングソフト『WinCDR Standard Edition』のほか、パケットライト方式のライティングソフト『PacketMan』やCDプレーヤー『Logitec CD PLAYER』などが付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン