このページの本文へ

シマンテック、ワーム『W32.Badtrans.13312@mm』を危険度4に

2001年04月27日 16時08分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)シマンテックは27日、米国で感染被害急増しているコンピューターウイルス(ワーム)の『W32.Badtrans.13312@mm』の危険度を3から4に変更したと発表した。

『W32.Badtrans.13312』は『hkk32.exe』というトロイの木馬をWindowsディレクトリにコピーして実行し、次に起動したときにメールの未読のメッセージすべてに大量の返信を送り、トロイの木馬を仕掛けるワーム。同社のウイルス対策ソフト用の定義ファイル(ワクチン)は、4月11日付けで対応しているという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン