このページの本文へ

D1H/D1X/SUPER COOLSCAN 8000 ED

D1H/D1X/SUPER COOLSCAN 8000 ED

2001年04月26日 15時28分更新

文● 行正

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)ニコンは、ハイエンドデジタルカメラ「D1H」「D1X」の発売日および価格と、ハイエンドフィルムスキャナ「SUPER COOLSCAN 8000 ED」の発売日を発表した。

デジタルカメラの最高峰とも言えるレンズ交換式一眼レフレジタルカメラ「D1X」。

 (株)ニコンは、レンズ交換式一眼レフデジタルカメラ「D1X」「D1H」の価格と発売日を発表した。
 「D1X」は547万画素CCD搭載を搭載し、最大3008×1960 ドットの画像を撮影可能。価格は59万円で、5月下旬発売。「D1H」は、274万画素CCD搭載を搭載し、約5コマ/秒、最大40コマの連写機能を持つ。価格は47万円で、7月発売。



ブローニフィルムのスキャンができ、アダプタを装着すればレントゲン用フィルムの読み取りなど、広い業務用途に対応できるフィルムスキャナ「SUPER COOLSCAN 8000 ED」。

 同時に、4000dpiの解像度を持ち、35mmフィルムに加えてブローニフィルムもスキャンできるフィルムスキャナ「SUPER COOLSCAN 8000 ED」の発売を6月に決定した。価格は41万円で、当初の発表のとおり。

(株)ニコン
問い合わせ先 お客様相談室 03-3775-2266



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン