このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

CAMEDIA C-1

CAMEDIA C-1

2001年04月25日 22時14分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

普段からポケットのお気軽デジタルカメラ

撮影サンプル1。マクロモード。花の色彩は良好だが、直射日光の照り返し(葉の部分)によるハイライトの階調が少々飛んでいる。撮影画像は1280×960ドットだが、掲載用に640×480ドットにリサイズしている。

 露出モードはフルオートのみで、撮影者はシャッターを押すだけでよい。記録形式はJPEGで、3種類の画質を選択できる。最高画質モードで撮影した画像はJPEG圧縮のノイズがほとんど気にならないレベル。発色は若干赤くなる傾向だが、見た目には自然な感じで違和感はない。花などの淡い傾向の色もしっかりと認識できる。
 バッテリはリチウム電池「CR-V3」が付属し、メーカー側も同電池の使用を薦めている。電池室は単3乾電池が2本入る形状なので、高価なリチウム電池よりも、普段は単3ニッケル水素充電池(できれば1600mAh)を使うほうがよいだろう、。単3アルカリ乾電池も使えるが寿命が短いので、それはあくまで緊急用と考えよう。



撮影サンプル2。高コントラストの画像となったが、空の階調や暗部のノイズは問題ない。エッジ部のジャギーは少々気になる。撮影画像は1280×960ドットだが、掲載用に640×480ドットにリサイズしている。

 標準価格が3万8000円と、このクラスの中でも安い。実売価格が3万円台前半になるなら、気軽に使えるデジタルカメラとして懐に忍ばせておくのにちょうどよい。


   
CAMEDIA C-1の主な仕様
撮像素子 1/3.2インチ131万画素CCD原色系フィルタ
レンズ 35mmフィルム換算35mm F2.8
測光方式デジタルESP
絞り F2.8/F8(マニュアル設定不可)
シャッター速度1/2~1/1000秒
液晶モニタ 1.5インチTFT
連写機能 約2コマ/秒、最大4コマ
インターフェイス USB、ビデオ出力(NTSC)
記録媒体 スマートメディア
記録画像 1280×960/640×480ドット
電源 リチウム電池パック×1もしくは単3電池×2本
(アルカリ/ニッケル水素)
本体サイズ 110(W)×34(D)×62(H)mm(突起部含まず)
重量 165g(電池/カード別)
付属品 8MBスマートメディア(M-8P)、USBケーブル、
リチウム電池パックLB-01(CR-V3)1本など

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン