このページの本文へ

ソニースタイル、Palm用ソフトをホームページで実演販売

2001年04月25日 18時57分更新

文● 編集部 伊藤咲子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニースタイルドッドコム・ジャパン(株)は24日、電子商取引サイト“ソニースタイル”において、商品の実演販売“ドリームバスケット”を行なうと発表した。扱う商品は(株)エヌフォーの『SimCity for Palm日本語版』で、ダウンロード販売する。

“ソニースタイル”
“ソニースタイル”(店の賑わいぶりによって、販売員のキャラクターの顔が変わるという)

実演販売の日時は4月25日、26日、27日の22時~24時。その時間にエヌフォーの担当者が商品説明をホームページに書き込み、それがリアルタイムに表示されるという。

リアルの店舗における実演販売といえば、販売員と客のかけあいも楽しみの一つ。“ドリームバスケット”には、ユーザーが書き込める掲示板と、“いまのあなたの気持ちは?(よ~し買うぞ/買う気まったくなし)”といったアンケートが用意されている。ユーザーが掲示板に書き込んだコメントに対して販売員がこたえることもあるが、値引きなど1対1の交渉はできないという。

『SimCity for Palm日本語版』の対応OSは、Palm OS 3.0以降で、カラー/モノクロ両方に対応する。価格は3980円で、支払方法は、VISAやJCBなどのクレジットカード支払のみ。

なお、今回の実演販売企画は、買い物の楽しさをネットショッピングでも提供しようという、同社が“インストアライブ”と呼ぶコンセプトに基づいたもの。単発の企画で、今後の展開については、ユーザーの反響をみてという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン