このページの本文へ

東京―ロンドン間、VA旅客機内でインターネット

2001年04月24日 20時17分更新

文● Web企画室 伊藤咲子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

英ヴァージン アトランティック航空社は、24日に開催した新ビジネスクラス“新アッパークラス”の発表会のなかで、東京―ロンドン路線において、衛星通信を利用したインターネット接続サービスを2002年より提供すると発表した。全クラス(ビジネス/エコノミー)で利用でき、運賃のほかサービス料が別途必要となる見込み。

東京―ロンドン便は毎日運行。機体はEUの多国籍企業であるエアバス・インダストリー社のA340-300型機だ

乗客は、座席ごとに設置されたビデオディスプレー『ODYSSEY』(米松下アヴィオニック・システムズ社製)もしくは、機内に持ち込んだノートパソコンを使って、ホームページの閲覧や電子メールの送受信を行なうことができる。

『ODYSSEY』は、映画ビデオなど機内番組の観賞を主な目的とした装置で、エコノミークラスで6.5インチ、ビジネスクラスで10.4インチのディスプレーを搭載している。『ODYSSEY』を使ってホームページ閲覧や電子メールの送受信を行なうときには、このディスプレーを見ながら、専用リモコンで文字を入力することになるという。

通信速度や使用しているソフトウェア、ノートパソコンを使う場合のインターフェースなどは不明だ。

記者会見には、サー・リチャード・ブランソン氏と柔道の田村亮子さんが登場
記者会見には、ヴァージン・グループ会長のサー・リチャード・ブランソン(Sir. Richard Branson)氏も出席。柔道の田村亮子選手を相手に、柔道の技を披露
GSM方式の携帯電話を機内でも受信できるシステム“アース・コーリング”の端末
田村選手が手にしているのは、GSM方式の携帯電話を機内でも受信できるシステム“アース・コーリング(Earth Calling)”の端末。2000年7月に始まった全クラス共通のサービスだ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン