このページの本文へ

FinPix6900Z

FinPix6900Z

2001年04月24日 16時07分更新

文● 行正

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士写真フイルムは、光学6倍ズームレンズとハニカム配置の330万画素CCDを搭載した高機能デジタルカメラ「FinPix6900Z」を発表、6月1日より発売を開始する。

ボディデザインは基本的に現行の「FinePix4900Z」を継承しているが、アルミニウムボディはブラックとなり精悍なイメージとなった「FinePix6800Z」。

 「FinePix6900Z」は、光学6倍ズームレンズとハニカム配置の330万画素CCDを搭載し、画素補間技術により600万画素相当の記録が可能なデジタルカメラ。レンズはf=7.8~46.8mm(35mmフィルムカメラ換算:35~210mm相当)、F2.8~3.1と、望遠側でも明るいのが特徴。搭載する1/1.7インチハニカムCCDと画像補間技術は同社が発売中の「FinePix6800Z」と同等のものを使用しており、記録解像度は最高2832×2128ドット。記録媒体にはスマートメディアを採用する。最大約5コマ/秒、連続5コマまでの連写機能、320×240ドット、10フレーム/秒、最大約160秒までの動画撮影機能を持つ。
 ボディデザインは同社の240万画素(補間432万画素相当)デジタルカメラ「FinePix4900Z」を継承し、グリップしやすい太い鏡胴にはマニュアルでのピント合わせが容易に行えるフォーカスリングを装備、背面には液晶モニタと液晶ビューファインダを搭載する。新たに多重露光機能や、露光状態を確認できるヒストグラム表示機能を搭載し、高度な撮影を可能としている。インターフェイスはUSBおよびビデオ出力機能を備える。バッテリは専用リチウムイオン充電池で、ACアダプタが付属。
 本体サイズは110(W)×93.5(D)×78.5(H)mm、重量は約410g。
 価格は13万5000円。



FinePix6900Zにリングフラッシュキットなどを装着し、マクロ撮影を可能とした「FinePix6900Zマクロ撮影キット」。

 同時に、FinePix6900Zに専用リングフラッシュを組み合わせることでマクロ撮影を可能にした「FinePix6900Zマクロ撮影キット」を発表した。リングフラッシュ「YUZO 14RDX」およびフィルタ径変換リング、64MBスマートメディアのセットで、最短撮影距離(10cm)で31×23mmの画角が撮影可能(1280×960ドット時)。
 価格はオープンプライスで、6月17日発売。

富士写真フイルム(株)
問い合わせ先 お客様コミュニケーションセンター 03-3406-2981



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン