このページの本文へ

IntelがPentium 4のデータシートを更新

IntelがPentium 4のデータシートを更新

2001年04月24日 23時04分更新

文● 丸尾

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

コアステッピングが「B2」から「C1」へ変更されたPentium 4。駆動電圧が0.05V上昇して1.75Vとなっている。
 Intelは、Pentium 4-1.7GHzの発表を受けて、データシートの更新を行った。新しいデータシート「Intel Pentium 4 Processor in the 423-pin Package at 1.30GHz, 1.40GHz, 1.50GHz and 1.70GHz Datasheet」には、新しいコアステッピング(C1)を採用したPentium 4-1.3/1.4/1.5GHz、そして先日発表されたばかりの1.7GHzの情報が追加されている。気になる各クロックの消費電力(熱設計電力=Thermal Design Power)は次の表の通り。また、コア電圧仕様の変更ほか、エラッタの修正などステッピング更新に伴うアップデート情報をまとめた「Pentium 4 Processors - Specification Updates」も公開されている。


Pentium 4(B2=コア電圧1.7V)の熱設計電力
TDP(Thermal Design Power)
1.3GHz 48.9W
1.4GHz 51.8W
1.5GHz 54.7W
Pentium 4(C1=コア電圧1.75V)の熱設計電力
TDP(Thermal Design Power)
1.3GHz 51.6W
1.4GHz 54.7W
1.5GHz 57.8W
1.7GHz 64.0W
intel
Pentium 4のデータシートPentium 4のスペックアップデート情報

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン