このページの本文へ

Endeavor Pro-900シリーズ

Endeavor Pro-900シリーズ

2001年04月23日 16時42分更新

文● 佐久間

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エプソンダイレクト(株)は、インテル(株)が本日発表したPentium 4最速の1.7GHz版を「Endeavor Pro-900」に採用し、同時にPro-900シリーズ(既存CPUモデル)の価格改定を行うと発表した。

Endeavor Pro-900
「Endeavor Pro-900」の外観。Pentium 4の大型ヒートシンクを接続するため、オリジナル筐体を採用している。

 Pro-900は、Intel850チップセットを採用したASUSTeK製マザーボード「P4T(エプソンダイレクト仕様)」を搭載し、メモリ、HDD、光メディアドライブなどは購入時に変更できるB.T.O.システムを採用している。今回追加されたPentium 4-1.7GHzモデルの構成例として、以下のスペック(ミニマム構成)で18万5000円となる。


Endeavor Pro-900(Pen4-1.7GHzモデル)のミニマム構成
CPU Pentium 4-1.7GHz
メモリ 256MB RDRAM
HDD 30GB
光メディアドライブ 48倍速CD-ROM
ビデオカード Millennium G450
OS Windows Millennium Edition

 また、同時にPentium 4-1.4GHz/1.5GHzの既存モデルについて平均10%前後価格を引き下げた。新価格での構成例は以下のとおり。

Endeavor Pro-900(Pen4-1.4/1.5GHzモデル)の構成例
CPU Pentium 4-1.4GHz Pentium 4-1.5GHz
メモリ 256MB RDRAM
HDD 30GB
光メディアドライブ 48倍速CD-ROM
ビデオカード Millennium G450
OS Windows Millennium Edition
新価格 16万5000円(値下げ率9.8%) 17万5000円(値下げ率13.7%)

エプソンダイレクト(株)
問い合わせ先 0120-545-101

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン