このページの本文へ

第1四半期は富士写真フイルムのデジカメが市場トップ――BCN総研

2001年04月20日 23時36分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)コンピュータ・ニュース社の市場調査部門であるBCN総研は20日、2001年第1四半期(1月~3月)のデジタルカメラの売れ筋トップ10とベンダーシェアを発表した。

DSC-P1
DSC-P1

それによると、売れ筋ナンバーワンとなったのはソニーの『DSC-P1』でシェアは8.2%。同社では、iモードに画像を送信できる“i-Jump”サービスへの対応や、プレイステーション2に画像を取り込める“ピクチャーパラダイス”機能を搭載するなど、パソコン以外の製品との連携を強化した点が消費者の人気を獲得したと見ている。2位はカシオ計算機(株)の『LV-10』で7.5%、3位はキヤノン(株)の『IXY DIGITAL』の6.8%で、その差は僅差となっている。

売れ筋トップ10
順位 型番 ベンダー シェア(%)
1 DSC-P1 ソニー 8.2
2 LV-10 カシオ 7.5
3 IXY DIGITAL キヤノン 6.8
4 FX-4500 富士フイルム 5.0
5 FX-1300 富士フイルム 4.0
6 FX-4700Z 富士フイルム 3.7
7 C@Mail-F38-S バンダイ 3.2
8 C-990ZOOM オリンパス 2.7
9 QV-2300UX カシオ 2.4
10 FX-40i 富士フイルム 2.2
『FinePix4500』(ロゼピンク)
『FinePix4500』(ロゼピンク)

ベンダーシェアでは、富士写真フイルム(株)が24.5%でトップとなった。売れ筋ランクではトップ3に入らなかったが、トップ10に4機種がランクインし、幅の広い製品展開が強みとなったとしている2位はソニーの15.2%、3位はオリンパスの14.7%。

デジカメベンダーシェアの図
デジカメベンダーシェア

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン