このページの本文へ

日本SGIが、Linux用のストリーミングサーバを国内販売

2001年04月19日 19時26分更新

文● 吉川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本SGIは、Linux用のストリーミングサーバ「Kasenna MediaBase 4.0.1(以下Kasenna MediaBase)」の国内販売開始を発表した。

Kasenna MediaBaseは、ストリーミング機能とコンテンツ管理/配信機能を統合した製品。今まではSGIのOSであるIRIX用のバージョンが出荷されていた。

対応するストリーミングのフォーマットは、

  • MPEG-1
  • MPEG-2
  • RealVideo
  • RealAudio
  • QuickTime
  • MP3

など。

日本SGIによると、Kasenna MediaBaseのターゲット市場は、放送業界、テレコム業界、ISP、デジタルコンテンツ制作、大学・教育機関、企業内教育などだという。

販売価格は、100ストリームのライセンス付きで184万8000円。

カテゴリートップへ

ピックアップ