このページの本文へ

日本ビクター、カード型CD-R“POCKET CARD”を発売

2001年04月18日 16時29分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本ビクター(株)は17日、ポケットサイズのカード型CD-R“POCKET CARD(ポケットカード)”を5月1日に発売すると発表した。容量は50MB。価格はオープン。併せて、専用アダプターやラベル作成キットなどを5月下旬に発売する。

『CD-R50』と10枚パック『10CD-R50MIX』『CD-R50』(左)と10枚パック『10CD-R50MIX』(右)
CD-ROMドライブに装着したところ
“POCKET CARD”(左)とCD-ROMドライブに装着したところ(右)

“POCKET CARD”は、同社の所有するCD-Rの基本特許を基に独自に開発した製品。50MBの容量を持ち、主要なCD-ROMドライブで読み取りが可能(※1)。カードのサイズは、61×86mmで、厚さ1.2mm。重さは7g。フタロシアニン色素の採用や、高精度スタンパーによる成形などにより、保存性を高め、安定した記録再生を可能にしたという。

※1 縦置き型のドライブでは専用アダプター『CD-RPCAD』が必要。また、一部のスロットインタイプやキャディータイプのドライブには対応していない。

ラインアップは、無色透明の『CD-R50』と、カラーの半透明タイプ10枚(赤/黄/緑/青/紫を各2枚)をパックにした『10CD-R50MIX』の2種類。そのほか、ポケットカード専用アダプター『CD-RPCAD』、ポケットカードラベリングキット『CD-RLBK』、ポケットカードラベルシール(80枚)『PF-SF10PC』を発売する。ラベリングキット『CD-RLBK』には、ラベル貼り付け用器具(ラベラー)、ラベル(24枚分)、印刷サポートソフト、ポケットカード(5枚)、ポケットカードアダプターが含まれる。

ポケットカード専用アダプターポケットカード専用アダプター『CD-RPCAD』
ポケットカードラベリングキットポケットカードラベリングキット『CD-RLBK』

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン