このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Singer Song Writer 6.0 for Windows

Singer Song Writer 6.0 for Windows

2001年04月12日 23時03分更新

文● 石嶋由美子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「アレンジエクスプローラ」を活用した
簡単作曲作業に挑戦!

 それでは実際に、アレンジエクスプローラの利用した作曲作業の流れを追っていこう。
 通常の作曲は「スコアエディタ」の五線譜上でメロディを入力して、コードを決め、巧みにアレンジしていく……といった流れで作業を進めていくのだが、SSW6.0では、あらかじめ用意された60ジャンル、6500パターンドラムやベース、ギターなどのアレンジパターンをアレンジエクスプローラで選択し、ソングエディタのトラックにドラッグ&ドロップしていくだけで、手軽に作曲ができてしまう。MIDIトラックのアレンジ機能としては、スムーズなノリを追求する「グルーブクオンタイズ」や「オートニュアンス機能」、ドラムのアクセントやギターのスライド、チョーキング、ミュートなどを調節できる「スタイルシミュレータ」などといった機能も搭載されている。

「アレンジエクスプローラ」を利用すれば、難しいことを知らなくても簡単に作曲作業ができる。好みのアレンジを選んで、ボーカルやギターのパートをトラックに載せていくだけで、「ソングエディタ」のトラックデータの画面も十分立派な曲に「見え」てしまう。

 ただ、収録されているアレンジパターンは、ちょっと「古い」気がする点はやや残念。ごくスタンダードなジャズやロックもいいが、ハードコア/スカコアなどのような最近のミュージックシーンで流行しているようなジャンルや、民族音楽系のWAVEファイルにもマッチする、アンビエンスやトライバルなどといったジャンルもほしいところだ。SSW6.0からはアレンジパターンのインポートが可能になっているので、足りない部分はいっそのこと自分で作ってしまって、オリジナルのアレンジパターンライブラリを作ってしまう、というのも楽しいだろう。

 メインのMIDI部分ができあがったら、次にオーディオを貼り込んでいってみよう。先程のMIDIトラックの上部に、オーディオ用のトラックが8つある。ここをダブルクリックすると「ウェーブ入力のダイアログ」が出る。本製品にはボーカル、コーラス、ドラムなど250パターンが音ネタとして付属しているので、付属のWAVEデータだけでもかなり使い出があるだろう。
 また、オーディオトラックに貼り付けたWAVEデータの音程をA.S.C.で検出してその音程にマッチしたコードを解析し、そのコードをMIDIトラック側に貼り付けたアレンジパターンに反映できる。多少違和感を感じるコードが割り当てられることもあるが、基本的にはコードの知識がほとんどなくてもメロディにコードをつけていくことが可能だ。

ムービーの入力のダイアログでは、ムービー、静止画ファイルの選択、「ムービービューワ」でのプレビュー再生、開始/終了位置の指定ができる。

 本バージョンから追加されたムービーファイルの貼り付けも、WAVEファイルの場合と同様に操作はいたって簡単で、一番上の「Movie」トラックをダブルクリックしてファイル選択ダイアログを開いて、ファイルを指定するだけでOK。プレイボタンを押せば、先程の曲といっしょに動画もスタートする。トラックにネットで見つけたアートなシーンや、最近デジカメで撮りためた写真をコラージュして、付属のプレーヤソフト「ムービービューワ」を画面全体表示にして再生すれば、ちょっとしたVJ気分も味わえる。

 完成したMIDI+WAVEのデータは、「ミックスダウンウィザード」を使って、WAVE、AIFF、MP3などに保存できる。MIDI+ムービーについては、残念ながら標準的な映像フォーマットのファイルに出力できない。なお、MIDI、WAVEともにエフェクト処理が可能なので、ミックスダウン時にさらに凝った効果を追加するのもいいだろう。

 PCに搭載されているサウンドカードなどのMIDIシンセサイザはもちろん使用可能だし、パッケージにはソフトウェアシンセサイザの「S-YXG50」(ヤマハ/XG音源)、「VSC 3.2」(ローランド/GS音源)が付属する。SSW6.0が1パッケージあれば外部MIDI音源がなくてもかなり本格的なDTMが始められる。WAVE/ムービートラックの搭載により、単なるMIDIシーケンサよりも格段に「できること」の幅は広がり、初心者を考慮した機能も多数搭載されているので、これを機会にDTMに挑戦してみてはどうだろうか?

対応OS Windows 95(OSR2以降)/98/98SE/Me/NT 4.0/2000
対応MIDIインターフェイス Roland SuperMPU、Sound Blaster ゲームポート、USB MIDIインターフェイス、シリアルなど
対応MIDI音源 GM/GM2/GS/XG

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン