このページの本文へ

コンパック、機能拡張できるWindows CE 3.0搭載PDAを発表

2001年04月11日 13時08分更新

文● 編集部 今井睦俊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

コンパックコンピュータ(株)は11日、Windows Powered Pocket PC(Windows CE 3.0)を搭載したPDA『Compaq iPAQ Pocket PC H3630』を発表した。価格は5万9800円で、4月中旬に販売を開始する。

『Compaq iPAQ Pocket PC H3630』『Compaq iPAQ Pocket PC H3630』

同製品は、OSにマイクロソフト製のWindows Powered Pocket PC、CPUにインテル製のStrongARM-206MHz(32bit RISCプロセッサー)を採用し、32MBのメモリー(SDRAM)、32MBのROM(フラッシュメモリー)、タッチスクリーン仕様の反射型TFT液晶ディスプレー(240×320ドット4096色表示)を搭載したPDA。液晶ディスプレーの輝度は、本体上面の輝度センサーと5段階のフロントライトにより、自動的に調整可能。また、全タスクの終了や本体の機能テストを行なえる“Qユーティリティ”、メニューのカスタマイズやアプリケーションの切替えが可能な“Qメニュー”、カテゴリー別にアプリケーションを分類できる“Qスタート”などの機能を装備する。

“Qメニュー”“Qメニュー”
“Qスタート”“Qスタート”

さらに、本体に装着可能な“ジャケット”を取り替えることで、PCカードスロット/CFスロット/GPS/Bluetooth/デジタルカメラなど、さまざまな機能に対応するとしている。現時点で発表されているジャケットには、PCカード/フラッシュメモリー/モデム/モバイルデータ通信(PHS/PDC)の専用機能を搭載したものがある。そのほか、USB端子を装備し、付属の『USBクレードル』に接続すれば、パソコンとデータ交換できるという。バッテリーは、最大12時間駆動のリチウムポリマー充電池。

クレードルに接続クレードルに接続した『Compaq iPAQ Pocket PC H3630』

本体サイズは幅83.5×奥行き15.9×高さ130mm、本体重量は約180g。アプリケーションソフトとして、パケットビデオ製のMPEG-4再生ソフト『PVPlayer v2.0』、Beatnik製の音楽再生ソフト『Beatnik Player for Pocket PC』、アクセス製のウェブブラウザー『NetFront v2.6』などをバンドルする。

『PVPlayer v2.0』の画面『PVPlayer v2.0』
『Beatnik Player for Pocket PC』の画面『Beatnik Player for Pocket PC』
『NetFront v2.6』の画面『NetFront v2.6』

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン