このページの本文へ

ノキア、小規模オフィス向けファイアーウォール『IP51』の販売を開始

2001年04月10日 22時30分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ノキア・ジャパン(株)は10日、“ノキアIPセキュリティ・ソリューション”の新製品として、ファイアーウォール製品『IP51』の販売を5月1日に開始すると発表した。

『IP51』
『IP51』

『IP51』は、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ社製の『FireWall-1 SmallOfficeソフトウェア』を搭載したファイアーウォール専用機。4ポートの100/10BASE-Tスイッチを内蔵するほか、DHCPサーバー機能やウェブブラウザーによる管理機能を搭載する。WANポート(10BASE-T)とコンソール用のRS-232Cポートを1個ずつ装備する。本体サイズは、幅250×奥行き175×高さ35mmで、重量は550g。ACアダプターが付属する。価格は19万8000円で、初年度のOSアップグレードとハードウェア故障時の代替サービスが付属する(FireWall-1 SmallOfficeのソフトウェアのライセンスは別途必要)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン