このページの本文へ

NTTドコモ、iモード携帯電話『F210i』と『N210i』を発売

2001年04月09日 20時45分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモは9日、iモード対応の携帯電話の新機種として、富士通(株)製の『デジタル・ムーバ F210i HYPER』と日本電気(株)製の『デジタル・ムーバ N210i HYPER』の2機種を11日に販売開始すると発表した。価格は本体がともにオープンで、電池パックやACアダプターの標準セットが、F210i用は6700円、N210i用は7100円。

『F210i HYPER』と『N210i HYPER』『デジタル・ムーバ F210i HYPER』(左)と『デジタル・ムーバ N210i HYPER』(右)

両機種とも、iモードに対応するほか、iメロディやiアニメに対応する(別途契約が必要)。256色のカラー液晶ディスプレーを搭載し、16和音の“ハーモニーメロディ”着信音やハイパートークに対応する。“DoPa”対応のパケットサービス(9600bps)に対応する。連続通話時間は約135分で、連続待ち受け時間が約500時間。

F210iは、頻繁に送信する同じ内容のメール(題名/宛て先/本文)をあらかじめ登録し、送信できる“メールテンプレート”機能を搭載する。N210iは、音声着信時には送信元の電話番号、メール受信時にはアニメーション、待ち受け時には日付/時計を表示する12色に光る“イルミネーション・ウィンドウ”機能を搭載する。

本体サイズは、F210iが幅40×奥行き15×高さ125mmで重量が約65g、N210iが幅46×奥行き23×高さ46mm(折り畳み時)で重量は約92g。本体カラーは、F210iが“クールシルバー”、“ハッピーオレンジ”、“サイバーグレー”の3色で、N210iが“シフォンパープル”、“アクアティックシルバー”、“グラマラスシルバー”の3色。

『N210i』の3色のラインアップ
『N210i』の折り畳み時と、3色のラインアップ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン