このページの本文へ

ロードマップも発表

オモイカネがエンドユーザーサポートを開始

2001年04月10日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

オモイカネ(株)から、4月3日に「Omoikane GNU/Linux 1.2」がリリースされたというニュースを先日お伝えしたが、9日、このリリースに際しての記者発表会が行なわれたのでお伝えする。

オモイカネ(株) 代表取締役社長 大熊 但由氏

事業方針の変更

オモイカネ(株)は、Debian GNU/Linux互換の「Omoikane GNU/Linux」の開発/販売を中心に、企業ユーザー向けのSI事業を展開してきた。今回、

  • デスクトップ用Linuxの開発が日本で弱冠停滞傾向にある
  • 新しいバージョンのソフトウェアの適用が回避傾向にある
  • ディストリビューションの乱立が収束しつつある

などの点を考慮し、新しくエンドユーザー向けのサポートを開始したという。
ディストリビューション開発キット「Distribution Builder」、従来どおりのソースコードレベルまで対応したサポート、そしてエンドユーザー向けサポートを合わせて、商用サポートが不足しているDebian系のディストリビュータとして、どのレベルのユーザーの技術的要求にも対応できる体制が完成したというわけだ。

製品概要

「Omoikane GNU/Linux (OGL) 1.2」のラインナップは以下の5つ。

  • WorkStation OGL 1.2……デスクトップ向け
  • WorkStation++ OGL 1.2……デスクトップや開発向けに多くのパッケージを収録
  • Server OGL 1.2……サーバ向け
  • X-term OGL 1.2……簡単な設定でX端末ができるインストール不要のライブシステム
  • Distribution Builder

この中で、WorkStation、Server、X-termはFTPサイトや雑誌の付録などで積極的に配布を行なっていくが、 WorkStation++は行なわれない。これは、WorkStation++がソースCDとバイナリCDの2枚組であるため。ソースコードにアクセスするユーザーを大切にしたいというオモイカネ(株)としては、2枚組を配布して、バイナリばかりが一人歩きするのを避けたかったという。

特長は前回お伝えしたとおりであるが、発表会ではとりわけ「Mozilla 0.8.1」をデフォルトブラウザに採用したことを強調していた。動作が重いという声も聞かれる「Mozilla」であるが、カスタマイズによって解消され、レンダリング能力も向上したという。

製品のロードマップ

オモイカネ(株)では「カーネル」、「glibc」、「X」が変わる時をメジャーバージョンアップ、それ以外をマイナーバージョンアップと位置づけている。次回のメジャーバージョンアップは、2001年第3四半期の「Omoikane GNU/Linux2.0」。こちらはカーネル2.4、XFree86 4.0/X-TTの採用や、完全なUSB対応を実現する予定だという。マイナーバージョンアップは2001年第4四半期リリース予定の「Omoikane GNU/Linux2.1」。パッケージとしての販売も計画中だという。

カテゴリートップへ

ピックアップ