このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

最強のケータイを目指して!~feel H”にハマル

2001年04月06日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

買う買う団員プロフィール

筆者:南謙治
南謙治
もうすぐ2歳という愛娘・愛理の育児に追われるアスキーデジタルバイヤーの編集者。モバイル/電子工作担当にして読者ページ担当でもある。食べ物(食材。主に甘いモノ)・衣服からPCパーツまでジャンルを問わず、基本的に衝動買いをしやすい体質だ。また、クルマ好きで、かつては峠を攻めていた過去を持つ。ずっと不満に思っているのは「東京に峠がないことと、首都高は路面が悪くて攻められないこと」。


 「ケータイに欲しいもの! ウォークマン!」ってCMも昔あったが、それに踊らされることなく、今まで平穏無事な日々を過ごしていた。CMが流れていた当時は、「MDやMP3プレーヤも持ってるし、いらないや」って言い切っていたけど、その舌も根も乾かないうちに、サウンド機能付きケータイ、いやPHSを買ってしまいましたよ。マジで。



TESORO PS-C1
折りたたみ式のFeelH”端末「TESORO PS-C1」。音楽プレーヤやデジタルカメラにもなる

 そのPHSとは、音楽配信サービス“Sound Market”に対応したDDIポケットのfeel H”端末「TESORO PS-C1」(以下TESORO)。なぜ携帯電話ではなくPHSか? 携帯電話の特集のとき503iを少し使ってみたのだけど、音が悪い(携帯電話の中でも、cdmaOneは音が良いのだが、いまさら新規で買うのは…という気持ちがあるのと、次世代機の登場が近いので購入予定には入っていなかった)。503iは受信時の音が小さくて低く、いつも籠もって聞こえる。その点PHSは、当たり前といえば当たり前だけれど、断然音がクリアなのだ。特に新宿のような、高層ビルに囲まれた場所だとその差は顕著になる。



RZ-RM1
別売りのリモコンタイププレーヤ「RZ-RM1」を接続したところ

 このTESORO、Sound Marketを利用するためには、別売りのリモコンタイププレーヤ「RZ-RM1」が必要なのだ。速攻ゲットだぜ! と思って新宿を一日中歩いていたけど(私の行動パターンでは、PC関連は秋葉原、家電関連は新宿か池袋の量販店を回る)、どこにも売っていない。リモコンがないとTESOROのオモシロさ半減、いや90%OFFだ。そこで携帯24の編集長に頼み込んで、メーカーからなんとか取り寄せてもらうことに成功した。実はTESOROの値段が1万円ぐらいなのだが、このリモコンは2万円以上。オドロキの高値。周辺機器のほうが本体より高いなんて、いったいどうなってんの。
 このほかに、専用デジタルカメラユニット「Treva」もゲット。これで、「ケータイで音楽、ケータイでカメラ、ケータイで通話(あたりまえか)」の最高スペックを手に入れたのだ。



ケータイで音楽の生活
まずは曲のダウンロード

セキュアマルチメディアカード
これが、セキュアマルチメディアカードだ。おそらくほとんどの人は見たことがないメモリカードだろう

 まずはケータイで音楽を聴いてみる。曲を聴くためには、Sound Market専用サイトからのダウンロードが必要だ。H”キーを押すとメニューが表われるので、そこで“Sound Market”を選択する。そして、センター接続を選ぶとSound Marketのメニュー画面が表示される。あとは曲を選んでダウンロードするだけだ。曲はセキュアマルチメディアカードに保存される。それはそうと、このセキュア・マルチメディアカードって初めて使うんだけど、なんでコンパクトフラッシュとかにしてくれないの? ほかに使い道ないじゃん。コンパクトフラッシュ、スマートメディア、メモリースティックと使っているのに、さらに増えるのかよ(ちょっとグチ)。



曲のダウンロード手順1
【ダウンロード手順1】H”キーを押すとメニューが表われるので、“Sound Market”を選択
曲のダウンロード手順2
【ダウンロード手順2】Sound Marketのメニューが表示されたら“センター接続”を選び、H”キーを押す
曲のダウンロード手順3
【ダウンロード手順3】ちょっと待つと、Sound Marketのトップページが出てくる
曲のダウンロード手順4
【ダウンロード手順4】スクロールさせていくと“MUSIC ch”という音楽ダウンロード用のページにジャンプするためのタグが表われる。あとは、指示に従って曲を選択し、ダウンロードするだけ

 気を取り直して本題に戻るが、曲をダウンロードするだけでは、聴くことができない。このほかに、不正コピー防止用の「パスキー」というものが必要になるのだ。このパスキーのダウンロードは、Sound Marketのメニュー画面に“パスキーダウンロード”から行うのだが、曲をダウンロードして、もう1回今度はパスキーをダウンロードするという手順は結構メンドウだ。

欲しい曲があまりに少ないのが難点

カラオケ…
宇多田ヒカルを見つけたと思ったら、カラオケだった

 問題はSound Market専用サイト上にダウンロード可能な曲がどれくらい用意されているかだ。実のところ、クラシックやJAZといった私が普段聴いていないようなものが多く、よく聴くJ-POPSなどが少なく感じる(アーティストや曲の一覧はココを参照)。宇多田ヒカルや浜崎あゆみを見つけたと思ったら、カラオケだけだし。今後増える予定らしいが、まだ始まったばかりのSound Marketに、レコードメーカーがどんどん楽曲を提供するとは思えないし……。



カラオケは1曲150円
浜崎あゆみも同様にカラオケしかなかった。カラオケは1曲150円。高いか安いかといわれても……。どうなんでしょう

 でもそれを解消すべく、アイ・オー・データ機器からUSB対応セキュア・マルチメディアカード用リーダ/ライタ「USB-MMCRW」が発売されている。まだ購入していないが、音楽CDからコピーしたデータを聴けるようになるらしい。これについては機会があったら、紹介したいものだ。というかTESOROを持っている私にとっては即買いだ。この記事がアップロードされているころには購入済みで、きっと音楽聴きまくり状態になっているハズ。

音には満足
でもダウンロード時間が問題

1曲300円程度
ダウンロードしたBonnie Pinkの「過去と現実」。これは350円。ほかの曲もだいたい300円前後だった

 気になるのは“カラオケじゃない”歌入りの楽曲、1曲あたりの価格だと思うけれども、これは300円前後と、まぁ納得できる範囲内だ。ダウンロード時間だが、今回Bonnie Pinkの曲では、1曲(3分30秒程度)に10分以上もかかった(ほかの曲でも同じくらいかかる)。この時間はかかりすぎだ。また、ダウンロード中に電話がかかってきても受けられない。試してみると、ずっと話し中の状態になっていた。

 ここで肝心なのは音だけども、Sound Marketの曲は、圧縮方式がMP3、圧縮レートは48~128kbpsに対応している。ダウンロードした音楽を聴いてみると結構クリアなので、主観的には96kbps以上という印象だ。ここで試しにピンジャックとライン出力の変換ケーブルを通してミニコンポにつないで再生してみた。MP3だから仕方ないかもしれないが、さすがに高音のレベルが低い。でもいつもは、通勤途中にヘッドホンを使って音楽を聴いているので、少々高音が効いていなくても満足できるのだ。



前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ