このページの本文へ

ロジテック、IEEE1394対応の40GB/60GB外付け型HDDを発表

2001年04月05日 18時05分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ロジテック(株)は5日、IEEE1394(i.LINK)対応の外付け型HDD『一体型アルミボディ IEEE1394外付型HDユニット』を発表した。ディスク回転数/ディスク容量の異なる4モデルを用意。価格は、毎分7200回転で40GBの『LHD-H40F』が3万7000円、毎分7200回転で60GBの『LHD-H60F』が4万8000円、毎分5400回転で40GBの『LHD-E40F』が3万3000円、毎分5400回転で60GBの『LHD-E60F』が4万4000円。いずれも4月下旬に販売を開始する。

『一体型アルミボディ IEEE1394外付型HDユニット』『一体型アルミボディ IEEE1394外付型HDユニット』(縦置きしたところ)

同製品は、IEEE1394に対応した外付け型HDD。パソコンが動作中でもIEEE1394ケーブルを抜き差し可能な“ホットプラグ機能”を搭載。また、放熱性と堅牢性を強化するため、押出し成形の筒型構造のアルミを筐体に採用した。さらに、筐体は、縦置きと横置きのどちらにも対応し、付属の3色(パープルシルバー/グラファイト/クリア)のカラープレートを装着可能。そのほか、HDDユーティリティーソフト『ディスクフォーマッタ』(Windows対応)/『B's Crew FW』(Macintosh対応)、バックアップソフト『MediaKeeper』(Windows対応)などが付属する。本体サイズは幅45×奥行き261×高さ45mmで、本体重量は約1.5kg。対応OSは、Windows 98/Me/2000、Mac OS 8.6~9.1。

お詫び:記事の掲載時に「IEEE1394経由で電源を供給するため、ACアダプターが不要」と誤った記述がありました。ここに訂正して、お詫びいたします。 関連商品につきましては、『LHD-E40F/E60F/H40F/H60F』においてWindows 2000で不具合が発生する旨の告知が2001年6月6日付けで同社のホームページに掲載されました。(2001年6月7日)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン