このページの本文へ

アイオメガ、USB給電の250MB外付け型Zipドライブを発表

2001年04月05日 17時28分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アイオメガ(株)は5日、USB対応の外付け型Zipドライブ『Zip 250 USBドライブ』を発表した。価格はオープン(予想価格は2万4000円前後)。全国のパソコン量販店と、オンラインショッピングサイト“E-Shopアイオメガ専門館”/“IomegaDirect”(米国本社運営)を通じて、7日に販売を開始する。

『Zip 250 USBドライブ』
『Zip 250 USBドライブ』(写真は従来機種のものでロゴのみ異なる)

同製品は、250MBと100MBのZipメディアに対応したUSB接続の外付け型Zipドライブ。USBケーブルを通じて電源供給されるため、ACアダプターは不要という。また、パソコンの電源がオンのままでも、USBケーブルの抜き差しが可能な“ホットスワップ機能”を搭載した。対応OSは、Windows 98/Me/2000と、Mac OS 8.6/9.0/9.03/9.04。平均データ転送速度は毎秒約0.9MB。平均シーク時間が40m秒以下で、ディスク回転数は毎分2941回転。本体サイズは幅109×奥行き165×厚さ25mmで、重量は約250g。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン