このページの本文へ

カノープス製CPUクーラー「Firebird R7」発売!

2001年04月03日 23時17分更新

文● 小板

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ポップ

 先月の下旬に発表されたカノープス製のCPUクーラー「Firebird R7」が、ようやくアキバのショップで発売になった。

 同クーラーは、横から見るとヒートシンクが鳥の羽のように左右に広がっており、また別の角度から見ると厚さ1~1.5mmのフィンとなって並んでいるのがわかる。カノープスによると、この形状が“CPUコアの接触面から中央部の構造体(ヒートプリズム)に並列に熱が逃げていくため、熱抵抗が低く効率的な放熱が行われて、内部に熱を蓄積しない”低熱抵抗・ヒートプリズム構造(特許出願済)とのこと。


 CPUクーラーの固定金具(同社ではIron Clawと呼ぶ)がヒートシンク中央部をまたがっているのは一般的なスタイルだが、Pentium用(Socket370・423)とAthlon/Duron用(SocketA)の金具を区別。今回発売されたパッケージにはAthlon/Duron用となっている。CPU(ソケット形状)によって金具を区別しているのは「Pentiumの場合には、圧力を上げた方が性能が向上する傾向にある(同社実験結果)」などの理由からだという。Socket370・423にはオプションで対応予定で、まだショップには入荷していない。コムサテライト3号店のポップによると入荷予定は4月中旬から下旬となっている。

ポップ

 ちなみに、搭載されているファンは動圧流体軸受ファンで、4500rpm(±20%)。ヒートシンクにはネジ留めされているのではなく、フィン先にひっかかるように装着されている。また、同社によると信越化学社製のシリコングリス「G-765」が付属する。



5日現在の価格情報

価格ショップ
\4980PCiN秋葉原
\5280コムサテライト3号店
高速電脳
\5480クレバリー1号店、3号店
\5580TWOTOP1号店、2号店
\5800コムサテライト1号店、2号店
ぷらっとホーム
【関連記事】
【取材協力】  

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ