このページの本文へ

あのGAINWARD製“All-in-Wonder GeForce2 MX”が登場、仕様に変更アリ

2001年03月31日 19時56分更新

文● 小磯

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
GAINWARD Hollywood MX 32M TV Tuner Combo

 16日の記事で紹介したGAINWARD製の“GeForce2 MX+テレビチューナ+MPEG2キャプチャ”コンボカードが今週末から販売開始となった。製品名は「GAINWARD Hollywood MX 32M TV Tuner Combo」。



同梱ソフト

 注意してほしいのは、同梱予定だったソフトのうちリアルタイムMPEG2キャプチャを行うソフトが「WinDVR」からCyberlinkの「PowerVCR II」になっている点だ。この変更により、EPGに対応しなくなっているのは気をつけたいところ。パッケージは“WinDVD同梱”をうたい続けているので、お間違えなく。
 なお展示時は詳細不明だったソフトウェアMPEG2キャプチャ機能だが、実際にPowerVCR IIをインストールしてみたところでは、ビットレートは最大10Mbitまでの範囲をスライドバーにより1kbit単位で変更できる。録画解像度は320×240/352×240/352×288/384×288/640×480/720×480/720×576の中から選択可能となっている。フレームレートは最大30fps。タイムシフト録画/再生をサポートする。ステレオには対応していない。



パッケージ
パッケージ裏面の製品紹介用画面写真ではWinDVRが紹介されている。この点は注意が必要だ
“ビデオ編集とFMには対応していません”?

 チューナとエンコードチップがPhilips製である点や、ビデオ編集ソフトとして「Ulead VideoStudio SE」を同梱する点はこれまでどおり。パッケージでは対応しないことになっているFM放送の受信に対応し、またメモリが当初の5nsから製品版では4.8nsへと換装されているのはうれしい仕様変更だ。  価格は、コムサテライト3号店で2万3500円、T-ZONE.PC DIY SHOPで2万3800円、OVERTOPで2万4800円。



Philips製
ビデオエンコーダはPhilips製。テレビチューナも同社製だ
端子群
ブラケット部の端子群は、機能的には変化ない
販売中
各店、当初予価とされていた2万4000円前後で販売中
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ