このページの本文へ

MSI初のAMD760搭載マザー「K7 Master」がようやくデビュー

2001年03月29日 23時46分更新

文● Jo_Kubota

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
K7 Masterパッケージ

 昨年発売される予定だったとも言われている、MSIのAMD760(AMD761+VIA VT82C686B)搭載マザーボード「K7 Master」(型番:MS-6341)がようやく登場した。



K7 Master

 ただし、FSBは200MHzまでの対応。DDR SDRAMもPC1600までの対応となっていおり、マニュアルにも“FSB 200MHz”と明記されている。今回販売が始まっているマザーボードのリビジョンは1.0で、MSIのウェブサイトによればリビジョン1.1でFSB 266MHzに対応するとしているが、出遅れた感は否めないところ。



FSB 200MHzまでの対応
FSB 200までの対応と明言するマニュアル
FSB 200MHzまでの対応
リビジョンが1.0であると告げるシルク印刷。FSB 266MHz対応版の登場にはもう少し時間がかかるようだ
12Vコネクタ
AGPスロットの近くにあるATX12V電源コネクタ。K7 Masterの動作に必須なのかどうかは不明である

 マニュアル上ではBIOS上からFSB設定、Vcore電圧設定、倍率設定ができることになっており、この仕様どおりなら“遊べる”マザーボードの1つと言える。価格もUSER'S SIDE本店で1万8800円と、DDR SDRAM対応マザーボードとしては比較的安価な部類だ。

DIMMスロット

 なお、DDR SDRAM用のDIMMスロットは2本。基板を見る限り、当初4本で設計されていたのが削られたようだ。拡張スロットはAGP Pro×1、PCI×5、CNR×1。SCSIコントローラ、ならびに68/50ピンコネクタ用と思われる回路パターンがあるが、これは同製品のバリエーションモデル「K7 Master-S」用のものだろう。



パターン
SouthBridgeの周辺にあるSCSIコントローラ用のパターン

30日現在の価格情報

価格ショップ
\18,800USER'S SIDE本店
\19,500コムサテライト3号店
\19,800ギガパレス秋葉原本店
\20,800ZOA 秋葉原本店
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ