このページの本文へ

プラネックス、1000BASE-T対応のEthernetカード『GN-1000TE』を発売

2001年03月29日 16時39分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

プラネックスコミュニケーションズ(株)は27日、Ethernetアダプターカード『GN-1000TE』を3月下旬に発売すると発表した。価格はオープンプライス(予想販売価格は1万9800円)。

『GN-1000TE』
『GN-1000TE』

『GN-1000TE』は、1000BASE-Tに対応したPCIバス対応のEthernetアダプターカード。PCIバスは32bit、および64bitに対応する。100BASE-TXネットワークカードとの上位互換性を有する(10BASE-Tには非対応)。通常1514バイト単位で送出されるEthernetパケットを6倍の9000バイト単位で送出する“JumboPacket”に対応する。対応機種はWindows 98/Me/NT 4.0/2000を搭載したIBM PC/AT互換機とPC98-NXシリーズ。UNIXやLinuxにも対応予定。準拠する規格はIEEE802.3u(100BASE-TX)、IEEE802.3ab(1000BASE-T)。通信速度は100Mbps/1000Mbps。消費電力は最大10W。本体サイズは横165×縦80mmで、重さは99.6g。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン