このページの本文へ

IIJなど3社、ブロードバンドコンテンツ配信共同プロジェクト推進組織を設立

2001年03月29日 15時14分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)インターネットイニシアティブ(IIJ)、日本オラクル(株)、シスコシステムズ(株)の3社は29日、コンテンツ配信プラットフォームの構築およびビジネスモデルの検証を行なうための共同プロジェクト推進組織“CDN JAPAN”を設立したと発表した。より効率的にブロードバンドコンテンツを配信できるネットワークと、認証・課金・決済・著作権管理などの機能を備えたネットワークコンテンツ配信実験の場を提供することで、コンテンツプロバイダーやASP(Application Service Provider)のブロードバンド対応を促進し、通信と放送の融合を視野に入れた市場の早期立ち上げを支援する。第1次コンテンツの配信実験を4月に開始する予定。

検証用ネットワークは、IIJグループの運営するブロードバンドネットワーク“HSMN”(High Speed Media Network)上に構築される。メンバー企業と協調し、技術面の課題解決のための活動や、サービスの実用化に向けたリファレンスモデルの構築、同モデルに基づく実ネットワーク環境の構築、コンテンツプロバイダーやASPの実アプリケーションを利用した検証、テストなどの活動を行なう予定。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン