このページの本文へ

プラネックス、無線LAN/Hub機能搭載ブロードバンドルーターを発売

2001年03月28日 16時51分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

プラネックスコミュニケーションズ(株)は28日、ブロードバンドルーター『BLW-01P』、『BRL-07P』を3月下旬に発売すると発表した。価格はどちらもオープンプライス(予想販売価格はBLW-01Pが3万2800円、BRL-07Pは2万7800円)。

『BLW-01P』
『BLW-01P』

『BLW-01P』は、ADSL/CATVに対応したブロードバンドルーター。IEEE802.11b仕様に準拠した無線LANアクセスポイント機能と、プリントサーバー機能を搭載する。NAT/IPマスカレード機能を搭載し、WAN側のDHCPサーバーからのIPアドレス取得と、LAN側ポートに接続されたクライアントへのIPアドレスの割り当てを自動的に行なえる。各種の設定はウェブブラウザーから可能。

無線部の規格はIEEE 802.11/802.11b、ARIB STD-33A/STD-T66。伝送速度は最大11Mbps。周波数帯は2.4~2.497GHz。通信距離は最大240m。アンテナはダイバシティーアンテナ。有線部の規格はLAN側がIEEE802.3 10BASE-T、IEEE802.3u 100BASE-TXで、WAN側はIEEE802.3 10BASE-T。伝送速度はLAN側が10/100Mbps(オートネゴシエーション)、WAN側は10Mbps。10BASE-T/100BASE-TX対応のLANポートと10BASE-T対応のWANポート、パラレルポート(D-Sub25ピン)、Uplinkポートをそれぞれ1ポート装備する。対応プロトコルはTCP/IP。

本体サイズは幅240×奥行き120×高さ35mmで、重さは465g。電源はDC12Vで、消費電力は最大7.2W。対応機種はEthernetポート持ち、TCP/IPが利用可能なコンピューター。ワイヤレス(無線)通信には、IEEE802.11/IEEE802.11bに準拠した無線通信機能が必要。

『BRL-07P』
『BRL-07P』

『BRL-07P』は、ADSL、およびCATVに対応したブロードバンドルーター。『BLW-01P』の無線LANアクセスポイント機能の代わりに7ポートのスイッチングHub機能を搭載した製品。LAN側ポートにUplinkポートを装備する。基本仕様、対応機種はEthernetポート持ち、TCP/IPが利用可能なコンピューター。電源はDC9Vで、消費電力は最大5.4W。本体サイズは幅250×奥行き180×高さ40mmで、重さは1.3kg。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン