このページの本文へ

休日は飛行機に乗って『JAS 虹の翼』 Professional

休日は飛行機に乗って『JAS 虹の翼』 Professional

2001年03月28日 17時36分更新

文● 山根

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)テクノブレインは、Windows対応のフライトシムゲーム「休日は飛行機に乗って『JAS 虹の翼』」の最新版「同 Professional」を4月6日に発売する。

休日は飛行機に乗って『JAS 虹の翼』 Professional
Windows対応のフライトシムゲーム「休日は飛行機に乗って『JAS 虹の翼』 Professional」。飛行機はデフォルメされているが、カラーリングは本物そっくり。

 同製品は、日本エアシステム(JAS)と共同で開発されたもので、実際のJAS機と同じ飛行ルートを離陸/巡航/着陸できるフライトシミュレーションゲーム。単に飛行機を飛ばすだけでなく、客室や送迎デッキ、管制塔、滑走路からの視点を選択したり、パイロットと航空管制官のやり取りやグランドサービス、キャビンアテンダントの音声が流れるなど、旅客ファンにとって楽しめる内容となっている。最新版では、従来版が離陸から着陸までを1ステージとしていたのに対し、出発準備/離陸/巡航/着陸/到着の5ステージ構成となり、確認動作の多さで難易度(初級/中級/上級/鑑賞)が設定された。ただし、1つのルートですべてのステージをクリアすると、従来どおり離陸から着陸までを連続して楽しめる。



ステージ選択画面
1ルートは、出発準備/離陸/巡航/着陸/到着の5ステージからなり、確認動作の多さで難易度(初級/中級/上級/鑑賞)が設定されている。

 飛行ルートは、従来の東京国際空港から大阪国際空港(JAS 210便)/大阪国際空港から福岡空港(JAS 601便)/新千歳空港から東京国際空港(JAS 114便)の3便に加え、Professionalには新たに福岡空港から新千歳空港(JAS 961便)の1便が追加されている。

 対応OSは、Windows 95/98/Me/2000。  価格は8800円。「休日は飛行機に乗って『JAS 虹の翼』」からのアップグレード版も用意されており、こちらは3300円。



到着画面
今回から空港に送迎タラップや給油車などが配置された。また、ゲームで登場する東京国際空港/大阪国際空港/福岡空港/新千歳空港は、いずれも実物に忠実に再現される。
離陸画面
マウスポインタを画面の上部/下部に合わせると自動的に操作画面があらわれる。画面上部には、ライト/客室へのサインなどのスイッチ類、画面下部には操縦桿/無線機/速度計など。
客室からの眺め
視点は複数選択でき、客室/送迎デッキ/管制塔/滑走路/機体前方/機体後方などから機体を眺めることができる。写真は、客室からの視点。

(株)テクノブレイン
問い合わせ先 075-583-1123

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン