このページの本文へ

NTT-MEと大活字、“ロービジョン インターネットパック”の提供を開始

2001年03月27日 19時44分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エヌ・ティ・ティ エムイーと大活字図書の出版および大活字印刷物や標示などの企画・編集・制作など行なう(株)大活字は26日、大活字の『見えにくい人の初めてのパソコン』(北山美恵子著 2月9日刊行)の発刊を機に“見えにくい人”(弱視者、低視力者、高齢者)向けに、最新のパソコンをはじめ、インターネット接続サービス、TA、トータルサポートサービス、専用ソフトをセットにした、定額料金制プラン“ロービジョン インターネットパック”の提供を、27日に開始すると発表した。

“ロービジョン インターネットパック”は、インターネットの利用における各種サポートサービスと機器をパックにしたNTT-MEのフリーパソコン『128-インターネットパック』を、“見えにくい人”向けにカスタマイズして提供するもので、機器、回線、プロバイダーの手配、専用ソフトのインストール、セットアップまでをワンストップで提供する。

パソコンは日本ゲートウェイ(株)製のデスクトップタイプとエプソンダイレクト(株)製のノートブックタイプから選択できる。ラインナップのパソコンにはメモリーを追加し、デスクトップパソコンには17インチディスプレーをセットする。TAはNTT-MEの『MN128』シリーズ。パソコンには、画面の文字を大きくして見られるソフト『ズームテキスト エキストラ 7.0』と、画面の文字を読み上げるソフト『95Reader Ver4.0』をインストールする。そのほか、設置場所へ訪問し、パソコンやTAの開梱と設置、インターネット・電子メールの設定・接続および基本操作の説明を行なう“出張セットアップサービス”や、ISDN回線および“フレッツ・ISDN”の申し込み手続の代行を行なう“ISDN申込手続代行、IP接続サービス申込代行”が付属する。インターネットへの接続はNTT-MEの“WAKWAKざんまい”が利用できる。契約は3年間の割賦契約で、月額利用料金は3450円(ボーナス月に1万2000円を加算)。割賦契約期間終了時には、機器はユーザー所有となる。1活払いの選択もできる。なお、“フレッツ・ISDN”の月額料金3600円の併用が別途必要。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン