このページの本文へ

DDIポケット、SDメモリーカード対応の音楽配信サービスを開始

2001年03月26日 20時56分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

DDIポケット(株)は26日、“feel H"”向けにSDメモリーカード対応の音楽配信サービスを4月下旬に開始すると発表した。

DDIポケットは、昨年11月30日より音楽配信サービス“Sound Market”を提供している。Sound Marketは、セキュアマルチメディアカード対応の音楽配信方式“ケータイ de ミュージック”を採用していたが、今回新たに、SDメモリーカードに配信できる音楽配信方式“SDAIR(エスデェア)”を採用することになったもの。これによりSound Marketは、ケータイ de ミュージック方式と、SDAIR方式の2種類の配信方式でサービスを提供できるようになり、利用者は自身の所有する情報機器やメモリーカード利用環境に合わせて、サービスの配信方式を選択可能だ。

接続イメージ
DDIポケットの新サービスにより、端末とオーディオプレーヤーを接続し、端末経由でSDメモリーカードに音楽コンテンツをダウンロードできる

SDAIRは、(株)東芝、松下電器産業(株)、九州松下電器(株)、(株)ミュージック・シーオー・ジェーピーの4社が共同開発したSDメモリーカードにデータを配信できる方式。データ圧縮方式は“AAC”で、IBM社のデジタル配信技術“EMMS”と、インテル/IBM/松下/東芝の4社が共同開発した暗号/相互認証技術“CPRM”を採用している。

新サービスの利用者は、Sound MarketよりSDAIR方式対応のFeel H"端末を経由して、モバイルオーディオプレーヤーに装着したSDメモリーカードに音楽コンテンツをダウンロードできる。Feel H"端末からオーディオプレーヤーに装着したSDメモリーカード内の曲の削除や再生順序の入れ替えも可能。また、音楽コンテンツをダウンロードしたSDメモリーカードをパソコンに装着して音楽コンテンツをパソコンに転送したり、パソコン上の音楽コンテンツをSDメモリーカードに転送したりできる。

今回の新サービスでは、音楽コンテンツはレコード会社などのコンテンツホルダーが提供、配信運営事業をミュージック・シーオー・ジェーピーが担当し、IBMが技術支援を行なう。通信事業者はDDIポケットで、東芝と松下が電話機やオーディオプレーヤーの製造を行なう。利用料金はコンテンツホルダーによって異なるが、現在のケータイ de ミュージックと同等の価格になる見込み。

なお、今回の発表に伴い、東芝はSDAIR対応のfeel H"端末『Beat Carrots DL-B01』と、DL-B01に接続して利用できるSDメモリーカード対応オーディオプレーヤー『MEA211AS』、『MEA212AS』を発表した。

DL-B01は、上記のオーディオプレーヤーを接続して音楽コンテンツをSDメモリーカードにダウンロードできるほか、1000文字程度のEメールを約200件まで本体に保存可能。また画像(96×72ドット)は約50件、feelsound(10KB)は約40件まで保存できる。半透過型ホワイトバックライト方式の1.6型カラー液晶を搭載しており、画面色は4パターンから選択できる。連続通話時間は7.5時間で、連続待ち受け時間は500時間。本体サイズは幅41×奥行き19.8×高さ127mm、重量は81g。本体カラーブラックが4月18日発売、ピンクが5月中旬発売。どちらも価格はオープンプライスで、推定小売価格は1万円弱。

ブラックモデルSDAIR方式対応の新端末『Beat Carrots DL-B01』。写真はブラックモデル
ピンクモデルこちらはピンクモデル

MEA211ASは、SDメモリーカードスロット×1を装備し、標準搭載の『オーディオマネージャーV2.1』のMove機能により、PHSや携帯電話、キオスク端末などでダウンロードした音楽コンテンツを、内蔵メモリー(32MBのフラッシュメモリー)やSDメモリーカードに保存できるオーディオプレーヤー。USBインターフェースと、feel H"接続インタフェースを備えている。電源は単4電池×1で、連続再生時間は4時間。本体サイズは幅53×奥行き52×高さ13.5mm、重量は30g。MEA212ASは、MEA211ASにfeel H"接続用ケーブルが付属するモデルとなっている。MEA211ASは4月下旬発売、MEA212ASは4月18日発売。価格はどちらもオープンプライスで、推定小売価格はMEA211ASが2万3000円程度、MEA212ASが2万5000円程度となっている。

DDIポケットは、今回の新サービス提供により、feel H"を利用した音楽配信サービスの利用ユーザー数を、現在の数千人単位から10万人単位に押し上げたいとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン