このページの本文へ

Kodak Professional DCS760 Digital Camera

Kodak Professional DCS760 Digital Camera

2001年03月26日 18時22分更新

文● 行正

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米Kodakは、独ハノーバーで開催されている情報・通信技術展示会「CeBIT2001」において、600万画素のプロ向け一眼レフデジタルカメラ「Kodak Professional DCS760 Digital Camera」を発表した。

ニコンF5ボディをベースとした600万画素デジタルカメラ「Kodak Professional DCS760 Digital Camera」。

 Kodak Professional DCS760 Digital Cameraは、従来の「DCS660」の後継となる一眼レフタイプのハイエンドデジタルカメラ。ボディはDCS660と同様にニコン「F5」を採用し、600万画素の「ITOセンサー」(酸化インジウムスズ使用のCCDセンサ)を搭載するのも同様だが、新たにISO80~400相当の感度設定や、1.5コマ/秒で最大24コマまでの連写機能が追加された。
 カメラ部はニコンF5をベースとし、ニコンFマウントレンズが使用できるのは従来と共通。デジタルカメラ機能では、記録メディアとしてPCカードスロット(TypeII×2)を採用し、IEEE1394インターフェイスを搭載する。
 米国では2001年5月発売予定(価格未定)、日本での発売時期および価格は未定。ちなみに、DCS660の日本での価格は180万円(レンズ/専用バッテリ/PCカードなし)。

コダック(株)
お客様相談センター 03-5644-5040



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン