このページの本文へ

コンパック、“Linuxソリューションパッケージシリーズ”を発売―第一弾は「Turbolinux Web/Mail Server」と「Miracle Linux File/Print Server」

2001年03月26日 20時54分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

コンパックコンピュータ(株)は、Linuxをベースとしたアプライアンスサーバの新シリーズ“Compaq Linux ソリューションパッケージシリーズ”を発売する。第一弾の製品として「Turbolinux Advanced Server 6」を搭載した「Turbolinux Web/Mail Server モデル」 と「Miracle Linux for Samba Version 1.0」を搭載した「Miracle Linux File/Print Server モデル」 を3月下旬より出荷開始する。

ベースとなる「ProLiant ML350」

両モデルの主な特長は以下のとおり。

  • ベースはPentium III-1.0GHzを搭載した「Compaq ProLiant ML350」
  • Smartアレイ431コントローラ、ホットプラグ対応10krpm HDD3台、20/40DDS-4 DATドライブ搭載
  • ECC/SDRAMを合計256MBまで追加
  • コンパック(株)の1年間回数無制限のサポート&サービスである「CarePaq ソフトウェアサポートLinux用」をバンドル

価格は「Turbolinux Web/Mail Serverモデル」が79万8000円、「Miracle Linux File/Print Serverモデル」が75万8000円。コンパック(株)では、今後もよりアプリケーションに特化した同シリーズの製品を提供していくという。

カテゴリートップへ

ピックアップ