このページの本文へ

バーテックスリンク、GeForce2 MX 400搭載ビデオカードを出荷

2001年03月23日 17時55分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)バーテックス リンクは23日、台湾のLeadtek Research社製のビデオカード『WinFast GeForce2 MX SH MAX』を同日から出荷すると発表した。価格はオープンで、店頭予想価格は1万9000円前後。

『WinFast GeForce2 MX SH MAX』の基板
『WinFast GeForce2 MX SH MAX』

『WinFast GeForce2 MX SH MAX』は、米NVIDIA社が6日に発表した、デスクトップパソコン向けビデオチップ『GeForce2 MX 400』を搭載した3Dグラフィックアクセラレーターカード。同チップは、対応するメモリーの種類を限定することで従来の『GeForce2 MX』シリーズに比べて製造コストを抑えており、低価格で3Dグラフィック性能を向上させたいユーザー向けのものとなっている。同ビデオカードでは、ビデオメモリーに6nsアクセスの128bit SDRメモリー64MBを採用し、7nsアクセスのメモリーを搭載した他社製品に比べてメモリーアクセスの性能向上が図られているという。コアクロックは200MHzで、従来製品に比べて約20パーセントのクロックアップを実現しているという。メモリー動作クロックは166MHz。AGP出力モードは4Xモード。接続端子はVGA端子、TV出力端子、S端子を装備する。ビデオカードの状態をモニタリングする『WinFox』とクロックアップチューニングができるグラフィカルユーティリティーが付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン