このページの本文へ

“PC2100 CL=2”のDDR SDRAMを同梱するマザー「CUV266」がASUSTeKから!

2001年03月22日 23時51分更新

文● Jo_Kubota

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
CUV266

 徐々に揃いつつあるPentiumIII/CeleronのDDR SDRAM環境。その屋台骨となっているVIAのApollo Pro266チップセットを搭載するマザーボードがASUSTeKからも発売となった。型番は「CUV266」。Apollo Pro266搭載マザーボードで初めてDDR SDRAMをパッケージに同梱している。



“PC2100 CL=2”!?

 気になるのはそのDDR SDRAM。メモリ自体は先週末あたりから出まわりはじめ、DDR SDRAMの実売価格を下げる1要因となっている“Nanya”チップ搭載の128MBなのだが、なんとシールに“PC2100 CL=2”の記載がある。本当にCL=2メモリなのか試したわけではないが、シールにはVIAのロゴも入っているなど信憑性は高いと言えるだろう。CL=2であれば、あえて同梱してきた理由も納得できる。CUV266を購入すると、もれなく世界最速のDDR SDRAMを手に入れられるというわけだ。



DIMMスロットまわり
DIMMスロットまわり。ちなみにボードのリビジョンは1.05

 基板のレイアウトは、DDR SDRAM用メモリスロット3本(最大3GB)がCPUソケットの右側ではなく上側に搭載されており、同社のPentium 4用マザーボード「P4T」と似たデザインとなっている。さらにメモリスロットの上方にはかなり広い基板の空きがあり、ここにFSB設定用ディップスイッチの設定表がシルク印刷されている。この空いている部分は一体何のためにあるのだろうか。もともとは、通常のSDRAM用DIMMスロットを配置する設計で、それがなんらかの事情で削られたのかもしれない。



パッケージ

 そのほかの仕様を見ていくと、NorthBridge+SouthBridgeはVT8633+VT8233で、AGP Pro×1、PCI×5、ACR×1という構成になっている。オンボードでネットワークコントローラ(3com“3C920”)やサウンドチップ(C-Media“CMI-8783”)が搭載したモデルもラインナップにはあるようで、今回登場したモデルにはそれらのためのパターンを確認できる。



“CL=2メモリ入ってます”

 ショップによっては、CL=2のDDR SDRAMを同梱すると名言しているところもあった。なお、23日現在の価格は以下のとおり。


価格 ショップ
\29,700 ギガパレス秋葉原本店
\29,800 PCiN秋葉原
\30,800 OVERTOP
\31,500 DOS/Vパラダイス本店
\31,800 クレバリー1号店
高速電脳
\32,500 コムサテライト3号店

Athlon用SDRAM/DDR SDRAM両対応マザー「A7A266」国内品流通開始

A7A266

 なお、先週一部のショップに入荷したASUSTeK製Athlon用のSDRAM/DDR SDRAM両対応マザーボード「A7A266」の国内流通が開始し、いくつかのショップに入荷した。週末にかけて、広範に出回る予定となっている。23日現在の価格は以下のとおり。


価格 ショップ
\22,000 コムサテライト1号店
\22,700 コムサテライト2号店
\22,800 OVERTOP
クレバリー1号店
クレバリー3号店
\23,000 高速電脳
\23,500 ギガパレス秋葉原本店
\23,700 コムサテライト3号店
\24,500 T-ZONE.PC DIY SHOP
\24,800 DOS/Vパラダイス本店
USER'S SIDE本店
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ