このページの本文へ

インフォテリア、TIS、ビーコンIT、データ総研の4社がB2Bで提携

2001年03月21日 15時47分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

インフォテリア(株)、TIS(株)、(株)ビーコンインフォメーションテクノロジー(ビーコンIT)、および(株)データ総研の4社は19日、インフォテリアが1月31日に発売したXML Native B2B Server『Asteria』を中心とした“B2B インテグレーションサービス”で提携したと発表した。

これは、『Asteria』を利用したB2Bのためのシステム構築をする際に、必要な設計や連携のためのツールなどを統合し“B2Bインテグレーションサービス”として提供するもの。提供開始は4月1日。

“B2Bインテグレーションサービス”には、以下のものが含まれており、TIS、ビーコンITを通じてサービスを提供する予定。

B2Bインテグレーションサービス
  • インフォテリアのXML Native B2B Server『Asteria』 データ総研のデータ設計技法“PLAN-DB for eData-Infra”によるデータインフラの設計およびデータ交換のための翻訳設計
  • 複数のEマーケットプレイスおよび社内システムのデータ翻訳を行なうデータマッピングサーバーの構築
  • XMLタグ標準化技法“PLAN-XML”によるタグの分析・設計、およびコンサルティング
  • ビーコンITが提供するメインフレームを含む既存システム、ERP、パッケージソフトウェアとの連携のためのミドルウェア、およびXMLデータを格納するためのXML Native DBMS『Tamino』
  • TISが提供する、B2B実装のために必要となるインテグレーションとシステム開発

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン