このページの本文へ

Palm m500/m505

Palm m500/m505

2001年03月20日 19時27分更新

文● 行正

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米Palmは、SD/MMCカードスロットを装備した新Palmマシン「m500/m505」を発表した。米国内では4月下旬より順次発売する。

カラー液晶を搭載し、SD/MMCカードスロットも装備する新型Palmの「m505」。

 m500/m505ともにSD/MMCカードスロット×1を搭載する新型Palmマシン。OSはPalm OS Ver4.0を採用し、メモリは8MBを搭載する。表示解像度は従来Palmと同じ160×160ドットで、m500はモノクロ液晶を搭載し、m505はバックライト付きカラー液晶(6万色表示)を装備する。本体デザインは「Palm Computing Vx」に似た薄型筐体を採用し、両側面にスタイラスポケットがあるのも同様。本体サイズ/重量は、m500が78.4(W)×10.2(D)×114.3(H)mm/113.4g、m505が78.4(W)×12.7(D)×114.3(H)mm/138.9g。
 価格は、m500が399ドル、m505が449ドルで、m500は4月下旬、m505は5月からの発売(米国内)を予定している。米国以外での各国語版(フランス語/イタリア語/スペイン語/ドイツ語/日本語)も予定されているが、日本語版の発売時期/価格はともに未定。なお、米国ではm500/m505の発表と同時に、Palm Computing Vxの価格が399ドルから349ドルに値下げされた。

 また、米Palmによれば、米IBMよりm500シリーズをベースとしたWorkPadの新製品が近日中に発表されるとのこと(2001年第4四半期発売予定)。

米Palm
パームコンピューティング(株)



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン